彼に対する気持ちが高まったり、お付き合いが深まったりしてくると、一途な気持ちを彼にアピールしたくなる瞬間もあるはず。

でも、男性の中には一途すぎる想いが「重い愛」と感じてしまい、逃げ出したくなる人も少なくありません。

そこで、純粋で一途な愛が伝わり、かつ負担を感じさせない愛され女子の特徴を4つ紹介します。

押しのアプローチは小出しに

好きアピールを「小出し」にできる女性は、一途さが伝わる上に重い女性にならず愛される傾向があります。

たとえば、「最近、○○くんが一生懸命仕事に打ち込んでいる姿に惚れ直しちゃった」といった、好きな気持ちが伝わるLINEは10日に1回程度。

その他は、彼の対応に合わせながらマイペース返信ができる女性が、彼の心を揺さぶります。

一度でも「俺のことをすごく好きでいてくれるんだな」と思わせる発言があると、他に問題がない限り、男性は「一途な子」と思ってくれるはず。

こんな「小出し作戦」で重い女性になることなく、逆に追わせる女を目指しましょう。

(広告の後にも続きます)

構ってあげたいと思われる女性に

彼に愛の重さを感じさせずに一途な愛を伝えられる女性は、彼氏に構って欲しいというよりも、彼氏を構ってあげたいという気持ちが強くあるようです。

構ってあげたい気持ちが強いということは、相手が喜ぶポイントをよく知っているということ。

彼が嬉しいと感じる言葉やリアクションを細かく観察しているのです。

彼は、「俺のことよく分かってくれているね。」と、自分のことをしっかりと理解してくれている一途さを感じてくれるでしょう。

逆に、自分が彼氏に構ってもらいたい気持ちが強いと、自分がして欲しいことを押しつけがち。

そこに「重さ」を感じさせてしまうので気をつけましょうね。