付き合ってはいけない男性のタイプとして、「モラハラな男性」が挙げられます。

今回は、モラハラをする男性の特徴とその見抜き方をご紹介します。

身の回りに、その特徴に当てはまる人がいたら要注意ですよ。

何でも人のせいにする

モラハラをする人は、自分が絶対に正しいと思っています。

たとえば仕事でトラブルあっても、会社や同僚のせいにするなど、他人を原因にしようとします。

自分に足りない部分を認めて改善する発想がないので、よかれと思って伝えるアドバイスも攻撃と受け取ります。

間違いを指摘されても、自分のことを棚に上げて反論してくるでしょう。

(広告の後にも続きます)

不機嫌になったら無言になる

自分の主張が正しいと思い込んでいるので、意見が違うときには論破しようとしてきます。

そんなとき、明らかに相手の意見が正しい場合は黙り込んでしまいます。

自分の意見が通らないことで不機嫌になり、話すことを放棄するのです。

話しかけても返事をしない、デートの途中で急に「帰る」と言い出す、電話に出ない、LINEをブロックする。

こうした行動を取るなら、モラハラの傾向があると言えます。

自分に非があっても認めず、相手に謝らせないと気が済まないのがモラハラの特徴です。