恋の終わりは、突然訪れるものでしょうか?それとも、何か「別れのサイン」があるのでしょうか?

あっけない恋の終わり方もあれば、ずるずると長引くことも……。

けれどよく考えると、恋が終わる前には「すれ違い」がときどき起こっているかもしれません。

ここでは、恋が終わるときに起こる「別れのサイン」を掘り下げていきます。

2人の会話がかみ合わない

「もともとお互いに自分の話したい事をうわーって話すタイプ。でもだんだん、お互いに自分の話をしなくなって……。

話さないとますます相手のことがわからなくなって、彼女に興味のもてなくなっている自分がいました」 (営業職/30代男性)

「遠方に単身で赴任した彼が一年振りに帰ってきて嬉しかったのに、久しぶりすぎたのか、お互い会話がかみあいませんでした。共通の話題もなくなって、しっくりいかなくなっていました。

遠距離恋愛の間は、こまめにメールやSNSでやりとりしていて問題なかったのに」(商社勤務/40代女性)

どちらかが違う世界に飛び込んだり、新しい仕事を任されて成長したりすると、考え方が変わって、会話がかみ合わなくなるのでしょう。

人は変わっていくものです。ずっと、出会ったときのままではいられません。

相手の変化に気づくこと、そして自分も相手の変化を受け入れられれば、2人の関係は続いていくでしょう。

でもすれ違いばかりが気なってくると、溝は深まってしまいます。

(広告の後にも続きます)

会いたいのに、タイミングが合わない

「仕事が忙しくて、なかなか会えなくなった。忙しい時間をぬって彼に連絡しても、タイミングが合わなくて。

彼もこまめに連絡くれたけど、今度はわたしが時間を作れなかった」 (経理事務/30代女性)

「付き合い始めたときは大学の昼休みや授業の空きに会っていたのに、進級したら、サークル関係の集まりや授業が変わって、会う時間が減っていきました」 (学生/20代男性)

会いたいのに会う時間がない、タイミングが合わないのは、ひとつの「別れのサイン」かもしれません。

予定を合わせているつもりなのに、会えない。それは、こちらが合わせてるタイミングと、相手が合わせているタイミングが合っていないから。

それこそ、お互いの優先順位が下がっている証拠。

すれ違いが続いたら「優先順位」について、少し考えてみて。