「男性にもっと甘えたいけど、ワガママだと思われるのが怖くて甘えられない!」
そんなモヤモヤした気持ちを抱えてはいませんか?

とくに甘え慣れていない女性は、どういった言動や仕草をすればよいか分からず、甘え方がぎこちなくなってしまいがち。
上手に男性へ甘えるコツをつかめば、彼のハートをくすぐることができますよ。

(1)ボディタッチしながら甘える

普段から甘え慣れていない人ほど、実際に甘えるときは「王道」のやり方でトライするべき。
あなたが甘えたがっていることがキチンと男性側に伝わりますし、普段とのギャップも相まって、その仕草がより可愛らしく見えますよ。

彼の肩や二の腕、服のすそなどを触る「王道の甘え方」で、男性をキュンとさせましょう。

(広告の後にも続きます)

(2)彼とピッタリくっ付いて甘える

身体と身体の距離が縮まると、自然とお互いが甘えやすい雰囲気を作ることができます。
とくに、二人きりで彼に甘えるようなシーンを想定する場合は、彼とピッタリくっ付くようにして座るとラブラブなムードが作れます。

正面から彼にくっ付くのが恥ずかしいなら、後ろからハグをする形で密着するという手もあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(3)彼を褒めながら甘える

彼にお願い事をしたいなら、男性を立てるような会話の流れを意識して、褒めながら甘えてみるとイイかもしれません。

「○○さんしか頼れる人がいなくて……」というような、男心を刺激するワードを会話に盛り込む点がポイント。

「ダメだったら全然いいんです!」と遠慮がちにお願いしてみるのも効果的ですよ。

(広告の後にも続きます)

(4)ほろ酔いで甘える

彼に甘えたいときは、その気持ちを素直に伝えることが重要です。
しかし、恥ずかしくて素直に甘えられない、という女性が多いことも事実。

そんなときは、お酒の力を借りてみましょう。
アルコールのおかげで、あなただけでなく彼もリラックスした状態になるので、いつもより素直に甘えることができるはずですよ。

「もっと男性へ上手に甘えられたらなぁ~」なんて思っていませんか?
多くの男性が心の中では「もっと彼女に甘えて欲しい!」と考えています。

素直な気持ちを伝えれば、彼もきっと受け止めてくれるはずですよ!

(恋愛jp編集部)