子どもの性別にこだわる義両親。産まれた子どもが女の子だったため、祝福されなかった主人公は、二人目を妊娠しました。しかしそこでも、義父母から心無い言葉をかけられ……。

次って何?

「もともと男の子がほしいと言っていた義両親。一人目は女の子であからさまにがっかりされました。二人目を妊娠中、上の娘を預かるのにも難色を示す義父母。さらに『でも次は男の子かもしれないし』というので私もさすがにキレました。『次ってなんですか? どうしてそんなことが言えるんですか?』と義父母を詰め、絶縁しました」(30代・女性)

▽ 産まれてくる子どもを性別で差別するなんてたまったものではありませんね。望んだ性別でなければ愛せない義両親ならいないほうがマシです。