結婚を目前としたなか、相手に裏切られて婚約破棄された雪子。一方で、婚約者を奪った女性は不満を覚えていたようです……。

婚約者を奪った女の苛立ち

「社内恋愛だった婚約者に裏切られ、絶望的な気持ちだったときに、後輩の男の子が助けてくれたんです。すごく優しくしてくれて、だんだん好きになって付き合うことになりました。一方で、私の婚約者を奪った女性から嫌がらせを受け始めたことに悩んでいたんです。それで元婚約者から未練ったらしい連絡がくるようになって困っていたら、付き合っている後輩が一生懸命対処してくれて、女性を退治してくれました」(30代・女性)

▽ 傷つけられて絶望を感じたからこそ、本当に自分を見てくれている人への優しさに気づけるもの。逆に言えば、ろくでもない男と結婚せずにすんでよかったとも言えるでしょう。結婚前に気づいて幸運でしたね。