ボディタッチは、相手に対する愛情や親密さを表現する非言語的な方法の一つです。しかし、どのようにすれば自然で心地よいボディタッチができるのでしょうか?
今回は、相手との距離を縮めるボディタッチのコツをランキング形式でご紹介します。

■第3位:タイミングを見計らう

ボディタッチはタイミングが重要です。相手がリラックスしている時や楽しい笑顔を見せている時は、受け入れられやすいでしょう。例えば、笑い話の最中に軽く肩を叩くなど、自然な流れで触れることがポイントです。
しかし、相手が緊張していたり、困った表情をしている時には避けた方が無難です。相手の感情をしっかりと察して、適切なタイミングを見極めましょう。

■第2位:軽くて優しいタッチを心がける

ボディタッチは、その強さや持続時間によって相手に与える印象が大きく異なります。手を握る、腕を軽く触れるなど、軽くて優しいタッチが基本です。
強すぎると相手を不快にさせかねませんし、長すぎると重たい印象を与えがちです。心地よさを感じてもらえるよう、繊細なタッチを意識しましょう。

■第1位は…

第1位は、相手の反応を見て調節する。
最も大切なのは、相手の反応を見てボディタッチを調節することです。例えば、手を触れた時の相手の表情や身体の反応を注意深く観察しましょう。相手が心地よさそうにしていれば、そのまま続けても良いでしょう。
しかし、もしも引き気味であれば、すぐに手を引くなど、相手の快適さを最優先に考えることが重要です。相手との信頼関係を築きつつ、柔軟に対応しましょう。

■まとめ

今回は、パートナーとの関係をより親密にするためのボディタッチのコツをランキング形式でご紹介しました。ボディタッチは、お互いの心を通わせる素敵なコミュニケーションツールです。
今日からでも、これらのコツを活かして、パートナーとの距離を縮めてみてはいかがでしょうか。新しい一歩を踏み出す勇気とともに、より深い絆を育んでいってくださいね。
(ハウコレ編集部)