2023年もあと二か月。多忙さが増しますが、笑顔で過ごしたいですよね。

開運日を活用すれば、幸運を呼び込む行動が効率的にできるはず。11月を素晴らしい月にできるでしょう。

そこで今回は、11月の特に縁起がいい日をご紹介します。慶事や財布購入等、目的別の縁起のいい日もご紹介するので、ぜひご活用くださいね。

関連2023年の縁起のいい開運日・吉日カレンダーはこちら

2023年11 月の開運日・吉日カレンダー

まずは、11月の開運日・吉日をカレンダーで確認しましょう。気になる開運日は深掘りしてみてくださいね。

この開運カレンダーは、スターカレンダーの『2023年度 六曜カレンダー』をベースに制作しています。スターカレンダーでは他にも様々な洗練されたデザインのカレンダーを公開されています。本当にいろんな種類がありますので、ぜひ覗いてみてください。



ダウンロード保存用・高品質版はこちら

カレンダーを拡大表示する

曜日 特記 吉日 六曜 干支 月の状態 月齢 九星 旧暦 二十八宿 十二直 月干支 年干支
1日 友引 癸亥 17.4 七赤 9/18 甲子 癸卯
2日 天恩日 先負 甲子 18.4 六白 9/19 甲子 癸卯
3日 文化の日 天恩日 仏滅 乙丑 19.4 五黄 9/20 甲子 癸卯
4日 天恩日 月徳日 寅の日 大安 丙寅 20.4 四緑 9/21 甲子 癸卯
5日 天恩日 赤口 丁卯 下弦の月 21.4 三碧 9/22 甲子 癸卯
6日 天恩日 先勝 戊辰 22.4 二黒 9/23 甲子 癸卯
7日 大明日 母倉日 己巳の日 友引 己巳 23.4 一白 9/24 甲子 癸卯
8日 立冬 大明日 不成就日 先負 庚午 24.4 九紫 9/25 甲子 癸卯
9日 大明日 仏滅 辛未 25.4 八白 9/26 甲子 癸卯
10日 大明日 鬼宿日 母倉日 大安 壬申 26.4 七赤 9/27 甲子 癸卯
11日 大明日 一粒万倍日 母倉日 赤口 癸酉 27.4 六白 9/28 甲子 癸卯
12日 一粒万倍日 月徳日 先勝 甲戌 28.4 五黄 9/29 甲子 癸卯
13日 仏滅 乙亥 新月 29.4 四緑 10/1 甲子 癸卯
14日 大安 丙子 0.7 三碧 10/2 甲子 癸卯
15日 七五三 大明日 赤口 丁丑 1.7 二黒 10/3 甲子 癸卯
16日 寅の日 不成就日 先勝 戊寅 2.7 一白 10/4 甲子 癸卯
17日 大明日 天恩日 友引 己卯 3.7 九紫 10/5 甲子 癸卯
18日 天恩日 先負 庚辰 4.7 八白 10/6 甲子 癸卯
19日 天恩日 巳の日 仏滅 辛巳 5.7 七赤 10/7 甲子 癸卯
20日 大明日 天恩日 大安 壬午 上弦の月 6.7 六白 10/8 甲子 癸卯
21日 天恩日 赤口 癸未 7.7 五黄 10/9 甲子 癸卯
22日 小雪 大明日 母倉日 月徳日 先勝 甲申 8.7 四緑 10/10 甲子 癸卯
23日 勤労感謝の日 一粒万倍日 母倉日 友引 乙酉 9.7 三碧 10/11 甲子 癸卯
24日 一粒万倍日 不成就日 先負 丙戌 10.7 二黒 10/12 甲子 癸卯
25日 大明日 仏滅 丁亥 11.7 一白 10/13 甲子 癸卯
26日 大安 戊子 12.7 九紫 10/14 甲子 癸卯
27日 赤口 己丑 満月 13.7 八白 10/15 甲子 癸卯
28日 寅の日 先勝 庚寅 14.7 七赤 10/16 甲子 癸卯
29日 友引 辛卯 15.7 六白 10/17 甲子 癸卯
30日 大明日 先負 壬辰 16.7 五黄 10/18 甲子 癸卯

どう縁起がいい?吉日の意味【早見表】

吉日の名前 内容
大明日 ライフイベントに適する日。建築や引越し、結婚式、旅行に向く。
母倉日 縁起の良い、特に入籍や挙式に向く日。引越しにも向いている日。
一粒万倍日 開業や宝くじ購入等、お金にまつわることに吉。結婚にも向いた日。
天恩日 祝い事全般に向いている日。結婚にも引越しにも買い物にも良い。
天赦日 年に数回のラッキーデー。何かを始めること、買うことに適する。
巳の日 12日に1回やってくる金運アップの日。お金にまつわる行動は吉。
己巳の日 巳の日の中でも特に金運アップが見込める日。60日に1度来る。
寅の日 人や使ったお金が無事に帰ってくるといわれる。金運アップの日。
鬼宿日 結婚・恋にまつわること以外は、何でもスムーズに運びやすい吉日。
月徳日 基本的に万事に向く吉日。月の幸運を守護する神がいる日とされる。

(広告の後にも続きます)

2023年11月の縁起がいい日一覧

11月中の、特に縁起のいい日はいつ?有効に活用したい縁起のいい日と、過ごし方のコツを確認しましょう。

己巳の日と大明日と母倉日が重なる7日

11月7日

金運がアップする巳の日の中でも、特に金運アップが見込めるといわれるのが己巳の日。

そこに、大きなイベントに向く大明日や、何をしても大丈夫とされる母倉日が重なります。

後ほど詳しく説明しますが、結婚にまつわるプロポーズや入籍、挙式を避ければ、他は何をするのにも向く日といえるでしょう。

誕生日会や米寿のお祝い、何かの祝賀会等の開催には向きます。

その他、宝くじの購入や財布の新調等、お金にまつわることをするにはぴったりの日。開店や起業の日にすることにも向いています。

もっと身近なところでいえば、資格取得のための勉強を始めたり、この先長く使いたいものを買うのもおすすめの日。新しい企画を練り始めるのもおすすめです。

過ごし方のポイント

母倉日は本来、結婚にまつわる行事に向く日なのですが、この日は凶日の、復日が重なります。

有名な凶日ではないのですが、結婚にまつわることは向かない日なので、縁起を重要視するなら、入籍や挙式等は避けて吉です。

また、己巳の日は弁財天に嫉妬されるので、結婚にまつわることは避けた方がいいという説もあります。

さらにこの日は、血忌日が重なるのが特徴。虫等の殺生はもちろん、出血を伴うけがや治療を避けたい日です。

本来、大明日や母倉日が重なるので引越しや建築に適した日ですが、ケガには注意がしましょう。

加えて、友引が重なるので昼時には行事や外出を避けて吉です。

一粒万倍日と月徳日が重なる12日

11月12日

支払ったりかけたりした元手が、大きく増えて戻ってくるといわれる一粒万倍日。

金運アップの日として有名ですが、新しいことをスタートさせるのにも向く日とされます。

そこに重なるのが、基本的に何をしても吉とされる、月徳日。その月の幸運を司る神がおわす日といわれます。

そのため、基本的にしてはいけないことはありません。あまり結婚に関することとしては有名な吉日ではありませんが、挙式や入籍の日に使うのもよいでしょう。

その他、地鎮祭や上棟といった建築にまつわる行事や、引越しにも向く日です。

もちろん、金運アップの日にあやかって、宝くじや財布を購入するのも吉。勉強や新しいプロジェクトを始動する日にするのもおすすめです。

過ごし方のポイント

一粒万倍日は、手元にリターンしてうれしいものだけでなく、困るものも増やしてリターンさせる日といわれます。

そのため、この日はたとえ少額でも借金をしないよう注意して。ローンも避けた方が無難です。他人の悪口を言ったり、噂話に乗っかることも避けましょう。

月徳日には、特に注意することはありません。その分、一粒万倍日の注意点に充分、気を付けましょう。

また、この日は先勝の日になります。挙式や地鎮祭をするのであれば、午前中のうちに開始するのが吉。

日曜日なので、予定の調整はしやすいでしょうが、式場等、相手があるものについては、早めの手配を心がけましょう。

大明日と天恩日と大安が重なる20日

11月20日

人生に1度あるかないかの慶事に向くのが、大明日。そこに、慶事全般に向く天恩日が重なります。

さらに重なるのが大安。結婚にまつわる行事のみならず、何をしても円滑に順調に事が運ぶとされる吉日です。

入籍や挙式に用いるのはもちろん、引越しや地鎮祭といった転居や家屋に関すること、納車や旅行等、様々なことに向く日です。

また、お宮参りや七五三のお参りに利用するのにも向く日といわれます。

推薦入学で合格が決まった等、家族にうれしいことがあった場合は、この日にお祝いするのもおすすめです。

ここからの財運アップを願って、宝くじや財布の購入をするのもよいでしょう。厄除け祈願にも向く日なので、御祈祷を受けるのもおすすめです。

過ごし方のポイント

この日中であれば、いつ何時何をしても順調にいきやすいので、基本的には安心して何事にも取り組める日といえるでしょう。

慶事がなくても宝くじや財布を買う、小旅行に出かける、寺社仏閣に参拝する等、有意義に使いたい日です。

ただし、天恩日には忌事に用いてはいけない日。

現代でいえば葬儀等、故人を送り出す行事には向きません。通夜等はいたしかたないにしても、本葬は避けた方が良いでしょう。

また、注意しきれない部分もありますが、ケガや病気も忌事。運気を下げる可能性があります。特に治療が必要なケガや病気は、防いで吉。

身の回りや体調管理には十分注意しましょう。

行動別の縁起がいい日

引越しや、宝くじを買う等、縁起を担ぎたいことは多いもの。11月の行動別の縁起のいい日をご紹介します。

結婚入籍・挙式・祝い事なら18日、20日

11月18日,20日

2日間とも、慶事に適した天恩日。突発的なケガや病気にだけ注意して過ごせば、お祝いムードで1日を過ごせるでしょう。

20日はそこに、人生に1度あるかないかの慶事に適する大明日と、何事も順調に進みやすい大安が重なります。注意点の少ない日になるでしょう。

20日の方が、広く知られている人気日で会場確保しづらい場合に、18日はおあつらえ向き。

ただ、先負の日なので午後になってから、お祝いを始めるのがおすすめです。

引越し・転居は12日、20日

11月12日,20日

12日は新しいことを始めるのに適した、一粒万倍日。そこに、その月の幸運を得やすく、何をするのにも適した月徳日が重なります。

先勝の日なので、午前中には移動を終えるか、午前のうちに作業を始めて吉です。

20日は、人生の大きな節目となる行事に適した、大明日。そこに、慶事全般に適する天恩日と、何事も順調に進みやすい大安とが重なります。

天恩日なので、うっかりからくるケガや事故、突然の体調不良には注意しましょう。

建築なら12日、30日

11月12日,30日

12日は、何かを始めることに適する一粒万倍日と、その月の幸運を手にしやすい月徳日が重なります。特にこの月徳日は三隣亡と重ならないので、土木建築に最適の日です。

先勝の日でもあるので、午前中に作業を開始しましょう。

30日は、人生の中でも特に大きな行事をするのに適した、大明日。挙式等にも向きますが、新しい拠点を造る日として、建築を始める日に充てることも向きます。

先負の日なので、午後に作業を開始しましょう。

財布を買う・宝くじを買いたい7日、12日

11月7日,12日

7日は、金運アップを見込める己巳の日。大きな行事に適する大明日や、何をしても吉とされる母倉日が重なります。

友引が重なるので昼には動かないこと。また、他の凶日の影響を避けるべく、虫等の殺生やケガを避けましょう。

12日は元手が増えて手元に戻りやすい、一粒万倍日に、月の幸運を得やすい月徳日が重なります。

借金・悪口・噂を避けて、前向きに過ごして。また、先勝の日なので、午前中に買い物を終えるのがおすすめです。