他の家の貯金方法を知りたい方も多いのでは。

そこでMOREDOOR編集部では、「毎月の支出額の内訳」に関するアンケートを実施!

今回は福岡県に住むBさん家庭の収支内訳から、独自のやりくり術も含めて結果をご紹介します。

監修者:黒田悠介
税理士法人Bridge代表税理士
金融機関・IPO企業・富裕層コンサルティング会社を経て、税理士法人Bridge東京・静岡事務所を創設。
「お客様に幸せの架け橋を」というビジョンを掲げ、多角的な税務サービスを行っている。

Bさん家庭の状況

●所在地:福岡県福岡市
●年齢:30代
●家族構成:夫婦、息子1人
●世帯年収:夫3,500,000円、妻100,000円
●貯金額:12,000,000円

(広告の後にも続きます)

福岡県、3人家族の収入状況と1ヶ月の主な出費内訳

家賃や食費、光熱費など、主な1ヶ月の収支内訳は以下の通りです。
●賃貸:55,000円
●間取り:2LDK
●食費:35,000円
●交際費:20,000円
●電気代:5,000円
●ガス代:10,000円
●水道代:2,000円
●車:7,000円
●その他:通信費6,000円、雑費5,000円

Bさんの悩んでいること

「食材の値段が軒並み上がってしまったので、食事のレベルを落とさずにやりくりするのが大変です」とのことで、物価の高騰に悩まされているようです。

(広告の後にも続きます)

Bさんの節約術はこれ!

「お米や日用品などは、ふるさと納税などでお得に購入し、少しでも食費などを浮かせるようにしています。また、毎月いくら貯金にまわすという風には決めずに、余った分を貯金するようにしてストレスを溜めすぎないことを心がけています」と話してくれたBさん。

食費を浮かせることを意識しつつ、無理のない範囲で節約を実践。

コツコツ続けられるやり方を見つけるのが大切なのかもしれませんね。

すぐできる節約術は?

また、編集部に寄せられた他の方の節約術もご紹介します。

「現金を持ち歩かずにスマホ決済やクレジット決済のみにしぼり、ポイントが付かない買い物はしないと徹底しています。また、貯まったポイントを使う際は必要な物のみ購入します。このようにすることで月々の買い物費用を数千円でも抑えることができ、貯金に繋がります」(45歳/専業主婦)

節約の良いアイデアが浮かばないときは参考にしてみてくださいね。

今回の「みんなの節約術」は、福岡県にお住まいのBさんの収支内訳と、すぐにできる節約術をお伝えしました!

監修者:黒田悠介(税理士法人Bridge代表税理士)

※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。
必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。
(MOREDOOR編集部)
◆調査主体:MOREDOOR編集部
◆調査方法:クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」によるアンケート調査
◆調査期間:2023/04/14〜2023/04/24