肉体的、あるいは精神的に疲れていると、普段は気にならない相手の優しさも心に沁みることがあります。

恋愛においてタイミングは影響力の強い要素であり、アプローチのチャンスを確実につかむことで恋が成就する可能性も一気に高まるのです。

そこで今回は、男性の星座別に、彼が寂しさを感じる瞬間を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、自信に満ちあふれたエネルギッシュなタイプ。

普段から勝ち負けにこだわり、一番でありたがることが多いからこそ、誰かに負けたり仕事がうまくいかなかったりするとき、慰めてほしいと感じるようです。

彼の悔しい気持ちを受け止めつつ、「あなたは成功するから大丈夫!」「次は勝てるよ」と勇気づけてあげるのが効果的でしょう。

(広告の後にも続きます)

おうし座(4/20〜5/20)

忍耐力があり、多少のことは無理してでも努力を止めない粘り強いところがある、おうし座の男性。

自分でも気づかないうちに消耗し、身体だけでなく心まで弱ってしまうみたい。

優しい言葉をかけて労い、あなたが理解者であると彼に分かってもらえれば、心を開いてくれるはずです。

ふたご座(5/21〜6/21)

ふたご座の男性は、好奇心が強く、日頃から楽しいことに対するアンテナを張っている一面があります。

いつも忙しそうに遊びまわる彼が暇を持て余しているときは、仲を深める絶好のチャンスなのだとか。

最新のスポットや穴場的な場所に誘うことで、初めは2人きりでなくても、確実に距離を縮めていける可能性が高いです。

(広告の後にも続きます)

かに座(6/22〜7/22)

自分の感情に素直で、喝他人の感情にも敏感な傾向にある、かに座の男性。

ネガティブな感情が強まったり、辛い経験をしたりすると、寄り添ってくれる存在を求めそう。

彼の周りで不幸があったときは、いち早く駆け付けて側にいることで、彼にとってのかけがえのない存在になれるかも。

しし座(7/23〜8/22)

しし座の男性は、目立ちたがり屋で話題の中心にいないと不機嫌になりがち。

彼が新しい環境になじめていないときや、仕事のミスで落ち込んでいるときは、孤独感を覚えていることも。

「〇〇くんはデキる人」「才能がある」などのベタなほめ言葉でも、自分のことを認めてくれる特別な存在として一目置かれるでしょう。