接客業をしていると、さまざまなお客さんに出会う機会があるでしょう。

なかには、お客さんの思いがけない要求に困惑した方もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“接客トラブルエピソード”をご紹介します。

返品に持ってきたのは……

私がかつてスポーツ用品店でアルバイトをしていた頃の話です。

ある日、お客様からランニングシューズの返品をお願いされたのですが、どうみても使用感があり返品できる状態ではありませんでした。

お客様いわく「せっかく買ったものだから我慢して履いていたけど、やはりサイズが合わないので返品させて欲しい」だそうで……。

私では対応しきれず、店長からお引き取りいただけるようお願いしたのですが、そのお客様は系統店の別店舗にも現れ、返品を迫っていたそうです。

(38歳/建築作業員)

(広告の後にも続きます)

返品したいときは……

お客さんが使用済みの商品を返品しにきたというエピソード。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
( MOREDOOR編集部)