誰かに嫌な気持ちにさせられても、我慢してやり過ごしてしまう方もいるでしょう。
しかしなかには、気分を晴らすような体験をした方もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“スカッとしたエピソード”をご紹介します!

指摘され続け……

近所によく行く公園があります。
公園にはいつも、おしゃべりが好きな高齢の女性がいました。

「あら、そのベビーカーは、前にタオルをつけなきゃダメよ」「お茶はちゃんと飲ませた?」などと、会うたびに子どもについて指摘される私。

聞き流しつつも、私なりに子育てをしているため毎回傷ついていました。

ある日、いつものように公園に行くと、いつもの女性とお友だちらしき人がいたのです。

挨拶をすると、いつものようにうんちくを語り始める女性。

私は、作り笑いで誤魔化していました。

すると、女性のお友だちらしき人が「あら、言われなくても分かっているわよね。今は育児も昔と違うのよ」と言ってくれたのです。

焦る女性を見て、ついスカッとしてしまいました。

(30歳/主婦)

(広告の後にも続きます)

子育ての方針は……

会うたびに指摘されることに傷ついていたら、別の方が助けてくれた体験談……。

子育ての方針は時代やご家庭によって異なるため、さまざまな考え方を受け入れられると視野が広がるかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)