デート中に彼がいつもと違う表情で見つめてくると、なにを考えているのか気になるはず。

もしかすると、彼はあなたとの触れ合いを求めているのかも。

そこで今回は、男性が彼女とラブラブしたいときの言動を、星座別に占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、ラブラブしたい気分になっても、人目を気にして行動を起こせなくなる傾向にあります。

そのため、隣に座ってテーブルの下でこっそり手を握ろうとしたり、足を絡ませようとしたりと、目立たないように彼女に触れようとするでしょう。

彼の精一杯のアクションに優しく微笑んで返してあげれば、きっと喜んでくれますよ。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

自分の感情を隠しがちで、彼女との触れ合いを求める気持ちも素直に出せないことが多い、さそり座の男性。

しかし、時計やスマホをチラチラ見て、時間を気にする様子が見えたら、それがサインと言えます。

限られた時間の中で、なんとかチャンスをつかみたいという思いが、表に出てしまっているのです。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、気持ちの高まりに素直に従い、行動するタイプです。

そんな彼のサインは分かりやすく、信号待ちのときに顔を近づけて内緒話をしてきたり、組んでいる腕を外して腰に手を回したりするよう。

盛り上がりが明らかすぎて、逆にこちらが恥ずかしくなるかもしれませんね。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/19)

古風な考え方を持つところがあり、自分からリードしがちな、やぎ座の男性。

デート中にラブラブな時間を求める思いが強くなると、急にプランを変えるのだとか。

カップルシートのある映画館やプラネタリウム、雰囲気のいいレストランなどに行って、親密な空気を作ろうとするのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、恋愛においてドライな一面があり、分かりにくいサインが多いみたい。

「最近運動してるんだよね(筋肉触って=ボディタッチして)」「新しい家電を買ったんだ(うちに来ない?)」など、回りくどい表現が多くなります。

その裏にある気持ちの高まりを、見逃さないようにしましょう。