恋愛対象外の女性に対して、誰しもが分かりやすく冷たい対応をするとは限りません。

しかし、ときには好意を向けた女性がショックを受けるような一面が隠れていることも。

そこで今回は、男性が恋愛対象外の女性にとる態度を星座別に占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、「恋愛対象にならない」と思っても、それを態度には示さないタイプです。

興味のない女性にも愛想よく、レディーファーストな接し方も変わらないよう。

本人にその気がなくても思わせぶりなふるまいが多く、しかも自分が嫌われたくないからと、女性の告白にあいまいな返事をしがちなのだとか。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

好きな女性には重たいほどに深い愛情を注ぐ一方で、対象外の女性には見向きもしない、さそり座の男性。

「ゼロか100か」という極端な人が多く、本命以外の女性は、たとえ2人きりでいても無視する可能性もあります。

また、仕事仲間なら業務の話に終始して、その態度からは個人的な興味のなさが強烈に伝わってくるはず。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、恋愛対象の幅が比較的広く、ちょっと好みから外れていても、話してみて「いいな」と感じればデートに誘うくらいは普通にするみたい。

しかし、「結婚してもいい」と思えるほどの女性以外は、等しく「どうでもいい」存在なのかも。

誰に対しても同じように関係を深めるけれど、外からはとてもあいまいな線引きで選ばれず、「遊ばれた!」と憤りを覚えることも少なくないでしょう。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/19)

恋愛の優先順位がそもそも低く、かつ奥手な一面がある、やぎ座の男性。

「恋愛=結婚」と考えるところがあり、1人の人間として尊重することはあっても、将来を考えられない女性との距離は一定に保ちます。

ドライで利害が絡んだ付き合いになりやすいだけに、一方通行のまま愛情が報われずに終わることもありそうです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、恋愛への関心にムラがあるタイプ。

誰に対しても優しくはせず、しかも決して愛想もいい方ではないので、冷たい言動が目立ちやすいです。

彼にときめいても、態度の悪さに恋心がすぐに冷める可能性は低くありません。