好きな男性と長く幸せな時間を過ごしたいというのは、誰もが思うことでしょう。

そのために大切な要素として、2人でいるときの「居心地のよさ」が挙げられることは多いはず。

今回は、男性の星座別に、「居心地がいい」と感じる女性の特徴を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2月19~3/20)をご紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、気さくなところがある一方で、じつは完璧主義な一面を持っています。

とくに、周りからどう見られているかを気にしがちなため、礼儀正しい女性との付き合いを望むようです。

敬語がきちんと使える女性なら、「その言葉遣いは…」とヤキモキすることもなく、居心地よく過ごせるでしょう。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

愛情深く、1人の女性を一途に愛する傾向が強い、さそり座の男性。

素の自分をそのまま受け入れてくれる女性の存在を、心地よく感じるみたい。

とくに、「すごい仕事をしているね」と、能力ではなく人間性をほめてくれる人とは、離れたくないと思います。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、子どものような好奇心と行動力を秘めたタイプです。

そのため、自分と同じように物事を楽しんでくれる、明るくて楽天的な、笑顔の多い女性に好意を寄せることが多いのだそう。

ちょっとしたことを「本当に大丈夫なの?」と深刻に考えすぎず、ミスをしても「これを糧にしよう!」と励ましてくれる女性とは、ずっと一緒にいたいと思うはずです。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/19)

堅実でなにごとにも安心感と安定を求めがちな、やぎ座の男性。

彼が考える「居心地のよさ」とは、パートナーを信頼して試そうとしないことです。

仕事が忙しくて会えないときも「体調に気をつけてね」と労ってくれる女性となら、前向きに将来を考えられる可能性が高いと言えます。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、目の前のことに集中しやすく、2人でお茶をしていても、つい雑誌やスマホに夢中になってしまいがち……なんてことも。

そんなときでも、文句を言わずにそっとしておいてくれる女性には、居心地のよさを感じると同時に「一緒にいてホッとできる」と思うようです。

自分を自由にいさせてくれる存在からは、離れがたくなるかもしれません。