彼氏の態度がそっけなくなったように感じると、それが愛情の減少を意味しているのかが気になるはず。

じつは、彼女との別れを考え始めた男性は、態度に明確な差が生まれるようなのです。

そこで今回は、男性の愛情が冷めてきたサインを4つご紹介します。

会話中に目が合わない

元々人の目を見て話すのが苦手な男性の場合は、「冷めた」と断定できるふるまいではありません。

ただ、以前は当たり前のように見つめ合っていたのに、最近会話中に目が合わなくなったなら要注意。

これ以外にも、あなたと話しているときに普通にスマホを触ったり、そもそも会話自体が上の空だったりするなら、かなりの危険信号です。

彼と一緒にいるときの態度に注目し、過去の彼の姿と比べてみましょう。

(広告の後にも続きます)

言葉で愛情表現をしない

愛の言葉を恋人の口から聞けなくなると、誰しも不安になるもの。

とはいえ、男性の中には関係が安定したことで、彼女に甘えて「言わなくても分かるよね」と考える人もいるようです。

けれど、彼女に「好きって言われたらうれしい」「帰り際だけでもいいから言って♡」などとお願いされても実行してくれないなら、好意自体がなくなっている可能性もあります。

スキンシップを避ける

以前は彼の方からたくさんスキンシップをしていたのに、最近はこちらからしようとしても避けられる……。

そんな状況は、恋心が冷めてきている証拠かも。

彼女の明らかな「スキンシップしたい」サインを無視するなら、異性として意識していないどころか、別れを考えていることもあり得るでしょう。

(広告の後にも続きます)

彼女の意志を確かめない

デートにおいては、食事をするお店や行き先など、様々な場面で決断が求められるもの。

そこで、以前は「どこ行きたい?」と確認してくれていた彼が、最近は「ここにするから」と決めてしまうと、なんとなく不安になると思います。

元々リードしてくれるタイプの男性なら、少しずつ遠慮がなくなって自分の意志を出すようになった可能性も否定できません。

しかし重要なのは、過去と比べてどうなったかということ。

彼の恋心が薄れてきたから、彼女に対する思いやりが気遣いがなくなってきたとも言えます。

過去との違いから見極めて

好きな人との関係性の変化は、ひとつひとつの行動を取り出してみるより、以前のふるまいの差に注目することが大切です。

スキンシップや気遣い、愛情表現といった、「彼女のことが好きだから」できていた男性の言動が減っているなら、それは恋心が冷めてきたサインと言えるでしょう。

そのときの態度だけを見て判断せず、彼の性格とこれまでのふるまいを合わせて考え、真意を見極めてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)