愛情表現として恋人に尽くすことで満足感を得る人がいる一方で、尽くされることで幸せな気持ちになる人もいます。

自分の好きな人がどちらか分かれば、適切なアプローチを選びやすくなるでしょう。

そこで今回は、男性の星座別に、尽くしたい派か尽くされたい派かで占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、好きな女性には全力で尽くそうとするタイプです。

でも、強い思いが空回りして、結果的には逆にお世話されることも多いよう。

女性目線ではずれた気遣いも、彼としてはすごく尽くしているつもりということもあるので、「いつも尽くしてくれてありがとう」と言ってあげましょう。

(広告の後にも続きます)

おうし座(4/20~5/20)

女性にはいい思いをさせてあげたいと考えるところがある、おうし座の男性。

美味しい食事に連れて行ったりプレゼントをしたり、ビックリするほど強引に尽くしてくることがありそう。

自分が気に入っているものを与えて喜ばせることに、満足感を得るのかも。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、自分が女性にモテる方だと自負している傾向にあります。

相手が楽しい時間を過ごせるように工夫するので、一見尽くしているように思えても、最終的には尽くしてほしいというのが本音みたい。

表には出さない孤独を、誰かに癒やしてほしいと思っている可能性があります。

(広告の後にも続きます)

かに座(6/22~7/22)

優しい性格で、自分に出来ることはなんでもやってあげたいと思いがちな、かに座の男性。

相手が幸せになることを、自分の幸せと捉えているのだとか。

そこに見返りを求める気持ちがないために、変に遠慮される方がショックを受けると言えます。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、俺様気質なところがあり、尽くされていい気分になりたがるタイプ。

「尽くされている自分」を周りにアピールしたいのかもしれません。

「今日ご飯作りに行ってあげるね」など、これ見よがしな予告付きで尽くしてあげると、非常に喜ぶはず。