“好き”という言葉を直接伝えるのはちょっぴり照れくさいですよね。
そこで今回は、アイコンタクトで「好き!」を伝える方法をお伝えします。

■3秒見つめる

3秒は、あなたにとって長いでしょうか?それとも短いでしょうか?
実は見つめる時の3秒って長く感じるんです。しかし、この3秒が肝!
見つめられた側は、”何だろう”と思う秒数なんです。それ以上見つめてしまうと、”何見てるの?”と相手に警戒心や不快感を持たせてしまうので、あくまで3秒に留めてくださいね。友人に練習台になってもらうといいかも。

■目が合ったら微笑む

目が合ったら微笑んでみてください。ジッと見つめるだけではちょっと怖いですよね。
表情はとても大事なポイントですので忘れないように♡

■照れながら目を逸らす

照れながら目を逸らすのは、相手に「好き」を目でしっかりと伝えられる方法です。
ちょっとだけレベルが高いかもしれませんが、頑張って実践してみましょう。
きっと気になる彼に、俺のこと好きなのかな?と気づいてもらえるはずですよ。

■ボーっとした表情で見つめる

微笑むのがやっぱり苦手!という方は、寝起きのようなボーっとした表情で見つめてみてください。
しかし、睨むような表情やポカーンと口を開けた表情は逆効果なのでNGですよ。意外と難しいので、鏡の前で練習してみてくださいね。

■その結果

上記の方法が成功したら、起こる可能性があることが4つあります。
・チラチラ見てくる
最近彼と頻繁に目が合うようになったり、チラチラ見てくるようになれば、あなたを意識している証拠。
・はにかんだ表情
目が合った時に、はにかんだ表情が見られればあなたを好きな証拠かもしれません。
・実際に話しかけてくる
彼から話しかけてくるようになったら、あなたをとても意識している証拠です。
これを機に連絡先を交換したり、色んな話をしてみて。
・デートのお誘いが来る
ドラマのような急展開ですが、デートのお誘いが来たら、これはもうあなたのことが好きだという可能性が高いです。
しかし、そうではない男性も少なからずいますので、都合よく使える存在にだけはならないよう注意してくださいね。

■まとめ

いかがでしたか?
アイコンタクトで、気になる彼に「好き!」を伝える方法をお伝えしました。
ぜひ実践してみてくださいね。
(ハウコレ編集部)