女性特有の生理の大変さ。

同じ女性同士でも、生理の悩みを相談することに抵抗感がある方もいるでしょう。
人によって生理の悩みもさまざまなこともあり、デリケートな話題でもありますよね。

今回は、読者から寄せられた「私の感動体験談」をご紹介します。

プールの授業で……

私は小5で生理が始まり、プールの授業を見学することがありました。
「私は生理です」と言わんばかりで、今思い出しても恥ずかしく……。

見学しているのは初潮が早かった私一人か、私ともう一人というパターンが多く……。
ある日クラスの男子たちに「なんでお前はプールを休んでるんだ」「健康そうなのに不公平だ!」と言われてしまい、何も言い返せませんでした。

するとある男子が「〇〇さん(私)だって好きで休んでるわけじゃないだろ。見た目だけで決めつけるな」と言ってくれました。
たぶん生理で見学していることは知っていたのだと思いますが、私が恥ずかしくならない言いかたでたしなめてくれ、とても救われました。

(36歳/パート/女性)

(広告の後にも続きます)

配慮ある伝えかた……

生理でプールを休んでいるとは言えず困っていると、他の男子が助けてくれて救われた投稿者さん……。
この男子生徒のように、困っている人がいたら周りの人に配慮するように伝えたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)