誰しも結婚する相手について、自分なりの理想像を持っていることでしょう。

これからの人生を共にするパートナーともなれば、厳しい条件で慎重に選びたくもなりますよね。

今回は、男性の星座別に、結婚相手に選ぶ女性の特徴を占いました。

前編に引き続き、てんびん座からうお座までご紹介します。

てんびん座(9月23日~10月23日)

感性の豊かさが特徴のてんびん座の男性は、自分と感じ方の近い女性を恋愛対象と見る傾向が強いです。

外見や言動から野暮ったさを感じるタイプは苦手で、洗練されたセンスを感じ、スマートでおしゃれな女性を結婚相手に選ぶ可能性が高いでしょう。

また、妻がキャリア志向だったり、結婚後も積極的に外へ出ていこうとしたりしても、あまり気にしないのかも。

「女性が家庭を守るもの」という考えが薄く、外で活躍することを応援する場合も多いようで、自立した女性が選ばれやすいでしょう。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10月24日~11月21日)

結婚してからも妻に対して恋愛感情を持ち続けるタイプなのが、さそり座の男性。

好きになったらとことんのめり込んでいくので、妻の行動がつねに気になるのでしょう。

そのため、さそり座の男性が結婚したいと思うのは、自分だけを見て永遠の愛を誓ってくれる、誠実な女性のようです。

また、ひとりの時間も楽しめる女性よりは、帰りが遅くなったら「早く帰ってきて。寂しい」と連絡してくるタイプのほうが、妻の愛を感じるのかもしれません。

いて座(11月22日~12月21日)

いて座の男性は奔放さが特徴で、結婚してからも自分のしたいことを抑えるということは少ないよう。

そのため、仕事や趣味といった個人の活動への注力を許してくれる女性と、結婚したいと思うでしょう。

そして、家庭のルールや家族への気遣いをそれとなく教えられる女性も、妻としてふさわしいといえます。

家庭という大きな枠を作り上げ、その中で夫を自由に遊ばせられる、しっかり者で寛容な女性が、いて座の男性の理想かも。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12月22日~1月19日)

現実主義の傾向が強く、自分のルールに忠実なタイプのやぎ座の男性。

結婚する女性にも、社会性や誠実さ、むやみに出しゃばらない慎み深いふるまいを求めるでしょう。

昔ながらの「良き妻、良き母」というイメージを思い描いている可能性もありそうですね。

そんな男性には、「家族という船のかじ取りをするのは夫の役目、妻はそのサポート役であるべき」という感覚があるのかも。

外見よりも内面重視で、過剰なキャリア志向のない女性を理想としているようです。

みずがめ座(1月20日~2月18日)

自由な感覚を持っていることの多いみずがめ座の男性は、結婚といっても型にはまった夫婦関係を目指す考えはないのかも。

自分の仕事や趣味を結婚によって制限したくはないし、妻にも同じように自分の人生を生きてほしいと考えているところもあるみたい。

そのため、ポリシーのある女性を好み、結婚後も仕事や趣味といった個人的な活動を続けられるタイプを妻に選ぶでしょう。

必要なら別居婚や週末婚、あるいは既に満足している内縁状態でも……なんて思っているかもしれませんね。

そんなみずがめ座の男性の間隔に同調できる女性が、結婚相手に選ばれるはず。