2022年上半期は社会の状態が今までの騒がしさから静かな落ち着きへ変化してきた箇所もあり、その中で無理なく対等に向き合うとはどういう事か、自分自身の素直な一面を表現するとはどういう事かを一人一人が顕在意識上でも潜在意識上でも考えさせる様な時期であった様におもいます。

その分、緊張感がなかなか抜けない方や、他者に対して振る舞うあり方を考えさせられた方もいらっしゃったかもしれません。

2022年下半期は上半期で練り上げた考え方や振る舞い方を実際に行動してゆく様な時期となってゆくようです。

頭で想定していたシミュレーションを実際に行動してゆく様に、実感を通して学びを深めてゆく。いろんな出会いや関係性に目標を持っている方であれば、想定しえる様々な方法を実際に実行してゆく時期の方も多いでしょう。

一方で、実行に移せないとその分おいて行かれる様な部分もあるかもしれません。何を実行し選んでゆくか選択する事も重要です。

自分の必要なもの、感覚を大切にしながら、いろんなものを選んでみるのも良いでしょう。

そんな少しビターでチャレンジングな下半期、心がけるといいことを12星座別に占ってみました。

下半期、確かな成果として実を結ぶ事ができますように。

2022年下半期のあなたの運勢占いも合わせてチェックしてみてくださいね。

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

牡羊座さんの下半期、心がけるといい事は「素直に自分を表現する事」。
下半期の牡羊座さんは今までの制限や限界がまるで幻想であったかの様に解放されるチャンスが随時やってきます。
必要な時、今までの自分の思いを素直に相手に伝えるとはどういう事かをそのチャンス毎に向き合う事になりそうです。
それは相手によって距離感の取り方や表現が異なるかもしれませんが、大切なのは背伸びせずそのまま伝える事。
背伸びは、背伸びした分ずっとその人・状況に対して自分自身が背伸びし続ける事になります。それはストレスの要因にもなり得るので、素直に表現する事を心がけるといいでしょう。

(広告の後にも続きます)

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

牡牛座さんの下半期、心がけるといい事は「こだわり過ぎず、進化をまなざす事」。
下半期の牡牛座さんは、改めて新しいやり方を求められたり、全く別のプロジェクトや仲間と交流をする機会を得る事になったりする方が多い様です。
その中で今までの経験値の中から引用し対応しがちになりますが、それは既に古いやり方で、型にはまらずぎこちなく感じる事になるかもしれません。
ここで大切なのはこだわり過ぎない事。新しいやり方が失敗するとは限りません。もしかしたら自分にない良い要素を見つけるきっかけになる事もあるでしょう。
新しいあり方を知っていくだけでも、牡牛座さん自身の価値観が変化し、本質的に牡牛座さんにとって必要な事が見つかるかもしれません。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたごさんの下半期、心がけるといい事は「自分の中の自信を大切にする事」。
下半期のふたご座さんはいろんな場所から必要とされる重要な存在となる事が多い様です。
例えば誰かの橋渡しとしての役目を担ったり、俯瞰しながら足りない要素を補ったりする様なマネージメントとしての側面を経験として積む事もあるでしょう。
その中で大切なのはふたご座さん自身の「自信」。
この自信は出来ているという実感や既に持っているという状況から培う事ができるのですが、自信がない状態が続くと、いいように他者から使われるだけになってしまう事にもつながります。
あなたはあなただけの特質を持っています。その意識を大切にしながら目の前の出来事と向き合ってみてください。

(広告の後にも続きます)

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

蟹座さんの下半期、心がけるといい事は「あやふやにせず突き詰める事」。
下半期の蟹座さんは何か煮え切らない気持ちが続く様な時期でもあり、ただその中で、自分にしかできない表現を見つけ出そうとする様な時期であるようです。
もしかしたら、少しイライラしがちになったり、どういうことなのかと不信になったりする事もあるかもしれません。
わからなかったり、腑に落ちないとイライラしたりする事につながります。だからこそ大切なのはあやふや似せず突き詰める事。
それは他者だけでなく自分の気持ちに対しても同様です。ふわっとごまかしている所があれば静かに整理してみると、イライラした気持ちも嘘の様に収まるきっかけへとつながります。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座さんの下半期心がけるといい事は「自分の中のあやふやな感覚を信頼する事」。
一人一人、言葉にできない様な繊細な感情や感覚が備わっています。
下半期、しし座さんはその感覚を信頼し大切にしてゆく事が重要であるようです。
感情をうまく伝えられなくてもあせらない。自然に沸き立つその感覚は自分だけのものであり、誰かが制御する訳でなく自然にオーラをしてにじみ出ています。
だからこそ、「あ、なんか来てる」位で案外他者にも伝わっているなんて事も。
自然に自分の繊細な感覚を信頼する意識を持つ事で、できると思える事が増えたり、構えすぎる事なしに物事と向き合えたり余裕が生まれます。そんな自分の感覚を大切にしてみてください。