男性が女性を選ぶ基準は「顔」が全てと思っている女性もいるかもしれません。

しかし実際は、顔以外にも服装やなにげない仕草など、さまざまな要素をチェックしているものなんです。

そこで今回は、男性が女性に魅力を感じるポイントを、顔を除いて、3つご紹介します。

上品なふるまい

会話の中で口元を手で隠しながら笑う、食事の前後に「いただきます」「ごちそうさまでした」を忘れないなど。

上品かつ丁寧な女性の仕草にみとれ、心をつかまれる男性は少なくありません。

ふるまいの上品さが、内面の美しさを感じさせ、そこに魅力を見出しているのかも。

対して、周りの目を気にせずに下品な笑い方をしたり、食べ方が汚かったりすると、外見に惹かれていても、一気に好意が冷めてしまう可能性もありますよ。

(広告の後にも続きます)

日頃の努力が出る体型

男性が女性の見た目に惹かれるポイントは、顔に限定されず、女性の体型もまた重要視されます。

しかし、好みは人それぞれで、それによって必要な努力も変わってきます。

そのうえ、いま気になっている彼の好みに寄せるのか、それとも自分が満足する体型を目指して、それに惹かれる男性を探すのか、恋愛のスタイルにも関わる問題です。

とはいえ極端な体型は、どちらに振り切っていても好まれにくいので、気にしすぎて痩せすぎたり、逆に無頓着すぎて太りすぎたりすることは避けた方がいいでしょう。

気を使っていることが分かるファッション

男女間でとくに好みが一致しにくいのが、ファッションではないでしょうか。

女性にとっての「かわいい」が、男性には「余計なものが多すぎる」と思われることもあると思います。

逆に、女性からしたら着飾らなすぎな服装に思えても、男性はそのシンプルさが好印象ということも。

おしゃれであるにこしたことはありませんが、それ以上に男性が気にするのは、「服装に気を使っているか」というポイントのよう。

「年齢に合わないフリルや色使い」「おじさんが着ているような服装」などと思われるものでなければ、個人の趣味にそこまで頓着はしないはずですよ。

(広告の後にも続きます)

自分を磨く気持ちが最大の魅力

男性が、女性の生まれ持った美しさに心惹かれるのは事実。

しかし、それだけを女性の魅力とするわけではなく、見た目とふるまいも合わせて、全体に気を使っているかということの方が、多くの男性にとっては重要なようですね。

「かわいくなりたい」「素敵に思われたい」という気持ちの表れが、男性の心をつかむのかもしれませんね。

(野瀬研人/ライター)

(愛カツ編集部)