どれだけ仲良くなっても、相手のすべてを知るのは難しいでしょう。

表の顔と裏の顔のギャップが大きいと、一緒にいても苦労することが増えるかもしれません。

今回は、男性の星座別に、彼らの「裏性格」をご紹介します。

前編に引き続き、てんびん座からうお座までの発表です。

てんびん座(9/23~10/23)

【女性をランク付け】

てんびん座の男性は人当たりがよく、なにごともそつなくこなすスマートなタイプ。

そして、そんな自分がモテることを知っています。

心のなかで身近な女性を比較し、ランク付けして「彼女にするなら誰かな」などと考えているのです。

知らないフリをするのがいいでしょう。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

【束縛や嫉妬心が強い】

気に入った人には誠実で一途に対応する、さそり座の男性。

しかし愛情が高まると、驚くほどの束縛や嫉妬心を表してくることも。

「絶対に男と会わないで」なんて口走るかも。

「好きなのはあなただけ」と定期的に愛情表現して、彼を落ち着かせてあげましょう。

いて座(11/22~12/21)

【女性に色目を使う】

大胆だったり甘かったり、女性へのアプローチが絶妙ないて座の男性。

恋に落ちる女性をも多いようですが、あちこちの女性に色目を使うのが、彼にとっては当たり前なこと。

ピリピリしすぎず、ときには「仕方ない」と割り切ることも大切です。

ときどき怒って、反省させるのも大切かもしれません。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/19)

【超現実的でドライ】

やぎ座の男性は超現実的なタイプ。

女性と付き合うときも、メリットやデメリットを把握します。

デメリットに目をつぶる代わりに、プレゼントを安めにする……なんてことも。

ドライですがバレないようにやるので、気付いても気付かないフリをしておくのがよさそうです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【恋愛に淡泊】

みずがめ座の男性は、自由を愛する魅力的な存在。

恋愛に関しても自由で、淡泊なタイプといっていいでしょう。

せっかく予定が合う日があっても、なにも考えずに「友達と遊んでくる!」と出かけてしまうことも。

束縛すると逃げるので、3回に1回くらいのペースで予定を押さえる程度がちょうどいいでしょう。