「さっきまで楽しそうだったのに、急に彼が不機嫌になってる……」

こんな経験をしたことはありませんか?

もしかしたら、あなたに悪気はなくとも彼をイラッとさせてしまったのかもしれません。

そこで今回は、男性が「女性に言われるとイラっとする言葉」をご紹介します。

「男の人って…」

「女性に『男の人ってそういうもんだよね』と言われると、知りもしないくせに知ったような口で言わないでくれ!とイラっとしてしまう。

ただ、話を聞いてほしかっただけなんですけどね……」(25歳男性/営業)

男性の悩みを聞いているときなどに、「男の人ってそういうところがあるよね~」など共感の言葉を言ったことはありませんか?

「あなたの気持ちはよく分かる」という意味かもしれませんが、「男じゃないくせになにが分かるんだ!」と男性を不機嫌してしまう可能性が。

もし男性が落ち込んでいた場合は、彼自身に焦点を絞った声掛けをしてあげましょう。

(広告の後にも続きます)

「本当に大丈夫?」

「僕が旅行のプランを立てているとき、彼女がずっと『それ大丈夫?本当に大丈夫なの?』って。

話の腰を折るように言われると余計にイラっとしてしまう。言うなら最後に言ってほしい」(30歳男性/自動車整備)

一生懸命取り組んでいることに対して、「本当に大丈夫なの?」と言うのはオススメできません。

心配しているからこそのセリフですが、彼の話を最後まで聞くことも愛情の1つ。

まだ結論が出ていないことにたいして口出しをされるのは、今までやってきたことを否定されているように感じてしまう男性も多いよう。

「私なんか…」

「自信なさそうに『私なんて……』と言われると、フォローしないといけないので面倒くさい。

それに、本当は思ってもないのに謙遜で言うのはもっと嫌かも」(27歳男性/介護士)

男性と話している最中に「私なんか……」と控え目な言い方をすることもありますよね。

たまにならいいですが、ずっと自己肯定感が低い発言をしていると、男性も「またか」と思ってしまうよう。

自分を下げるより、相手を立てて上げることを意識してください。

(広告の後にも続きます)

イラッとさせてしまったら…

男性との会話では、悪気はなくてもイラッとさせてしまうことがあるようです。

その場合は、素直に謝って彼に「なにが嫌だったのか」をしっかり聞きましょう。

楽しく会話するために、お互いの理解を深めていってくださいね。

(愛カツ編集部)