2022年の下半期、あなたにはいったいどんなことが待っているのでしょうか。

恋が動き出したり、仕事が上手くいったり、いろいろ期待は膨らみます。

もし自分から運勢を上げたかったら、「あること」に取り組んでみるのがオススメです。

今回は、12星座別にあなたが「2022年下半期にやるべきこと」を占いました。

前編に引き続き、てんびん座~うお座までを紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

……ビューティーアップに励む

下半期は、大恋愛が待っているかもしれません。

ステキなヒロインを演じられるよう、ビューティーアップに力を入れてください。

メイクやボディメイク、服装などアップデートすれば、あか抜けた印象になるかもしれません。

一目惚れされたり、気になる人に声を掛けられたりするなどのイベントも。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

……新しい趣味を見つける

さそり座の下半期は、低め安定運。

習慣やルールを守っている限り、ノートラブルで過ごせます。

ただ、それは退屈と紙一重。

幸せを呼び込むには、自分なりに楽しみを見つけることが大切です。

新しい趣味の開拓、習いごとのスタートなど検討してみてもいいかもしれません。

いて座(11/22~12/21)

……ずっとやってみたかったことに手を伸ばす

下半期、いて座には自己実現の気運が高まります。

ずっとやってみたかったことがあるなら、さっそく手を伸ばしてみて。

星の強力バックアップで、成功しやすくなっています。

憧れていた異性へのアタックも、いい結果が待っているかもしれません。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/18)

……友達との縁を大切にする

やぎ座が2022年下半期にやるべきことは、友達との縁を大切にすることです。

とくにケンカして気まずくなったまま別れた友達とは、この機会に連絡を取って仲直りしましょう。

素直な態度で接すれば、きっと相手も心を許してくれるはず。

その友達がキーマンとなり、秋から冬にかけてハートフルなストーリーが動き出すかも。

みずがめ座(1/20~2/20)

……ネットワークを広げる

2022年下半期は、社交運が活発になりそう。

人とあまり群れないみずがめ座ですが、この半年間はあちこちの集まりに顔を出して、ネットワークを広げましょう。

ビジネスチャンスや運命の赤い糸をキャッチできるなど、幸せを呼び込む効果が高いはず。

気になった人には、勇気を出して話しかけてみましょう。