どれだけ仲良くなっても、相手のすべてを知るのは難しいでしょう。

表の顔と裏の顔のギャップが大きいと、一緒にいても苦労することが増えるかもしれません。

今回は、男性の星座別に、彼らの「裏性格」をご紹介します。

まずは前編として、おひつじ座からおとめ座までの発表です。

おひつじ座(3/21~4/19)

【すぐにキレる】

明るくて前向きなおひつじ座の男性ですが、素直すぎるのが裏目に出て、すぐにキレやすい一面があります。

デートの待ち合わせで1分でも待たされたりすると、それだけで不機嫌になることも。

しかし根は素直なので、「すぐに怒らないで」と何度か注意すれば、マシになってくるでしょう。

(広告の後にも続きます)

おうし座(4/20~5/20)

【融通が利かない】

穏やかで、なにをするにも慎重なおうし座の男性。

しかし裏を返せば、融通が利かない頑固者ともいえます。

「きみの好きなものでいいよ」なんて言うくせに、気に入らないとずっと機嫌が悪くなるかもしれません。

時間が経てば反省することもあるので、気長に待つのが得策でしょう。

ふたご座(5/21~6/21)

【その場しのぎの嘘をつく】

ふたご座の男性は、頭の回転が速く、柔軟なタイプ。

しかし言い方を変えれば、その場に応じて言うことを変えるということ。

「女の子はいない飲みだったよ」と言うのも、その場しのぎの嘘である可能性も。

軽い嘘が多いので、あまり神経質にならずに彼を信じましょう。

(広告の後にも続きます)

かに座(6/22~7/22)

【無駄にモテる】

気が優しいかに座の男性。

じつは、みんなに優しくして好かれたいという気持ちが心の奥深くにあります。

ほかの女性にも優しく、無駄にモテているので、彼女としては気が気ではないかもしれません。

「どんな事情でも2人きりで会うのはなし」と具体的に線を引いてあげれば、素直に従ってくれるはずですよ。

しし座(7/23~8/22)

【かまってちゃんに】

見栄っ張りな、しし座の男性。

外ではとにかく格好をつけ、かっこよく見えるように振る舞います。

しかし2人きりになると、「ほめてオーラ」を発するかまってちゃんになることも。

かまってあげないと不機嫌になりますが、ほめてあげれば丸く収まりますよ。