家事も育児も全然しない。

だけならともかく、洗濯物をそこらへんに脱ぎ捨てるってどういうこと!?

そんなダメ夫の行動が改善したキッカケは、義母の言葉でした。

こんな経験談、どこかで耳にしたことがある人もいるのでは?

姑を味方につけて大成功した! そんなエピソードを集めてみました!

義母の言葉がマザコン夫に突き刺さった話

実母とはあまり反りが合わないため、あまり連絡を取り合っていない私ですが、義母とは大の仲良し!
週末には2人きりで買い物に出かけるくらい、本当の娘のように可愛がってもらっています。
カフェで休憩をしているときに、
「お互い働いていると、平日は家のことができなくて、週末が潰れてしまうんですよね。夫さんはデートへ行きたいって言ってくれるんですけど」
と話すと
「息子は家事をやらないの?」
と不思議顔。
「皿洗いとか、お願いするとお風呂掃除してくれますよ」
「休日は?」
「お昼まで寝ていて……午後はゲームとか、まったりしてますね」
事実を話すと、それはひどい! と怒ってくれました。
それだけでもありがたいなーと思っていたのですが、突然夫に電話をかけ
「あんたね、奥さんの時間を自分の世話で奪うんじゃないよ! 子どもじゃないんだから、ちゃんと家事分担しなさい!」
と叱りつけ始めたのです。
正直びっくりしましたが、おかげさまで今では夫ともデートに出かける余裕ができました。

(広告の後にも続きます)

完璧な義母の心配りに感激したエピソード

つわりがひどく苦しんでいるとき、夫がいい方向に変わった出来事がありました。
家が近い義実家へは、月に一度、お泊まり付きでお邪魔していました。
ですがこのときばかりは、体調を理由に断ったのです。
もちろん義母は理解を示して、大事にするように、と優しい言葉をかけてくれました。
義父は、それでも来て欲しそうなことを言っていましたが「かわいい孫が見たくないの?」と穏やかな口調ながらものすごい圧力の義母に負けて、黙り込んでいました。
安心して休んでいた翌日、なんと義母の方から家を訪ねてきて、料理の作り置きやシーツなど大きなものの洗濯をしてくれたのです。
恐縮して感謝を伝えると、いいからあなたは休んでなさい、と優しい言葉をかけてくれた義母。
帰り際、夫に
「明日からはあんたがやるんだよ!」
と言い残してあっという間に帰っていきました。
以来夫は、
「何かやってほしいことある?」
と聞いてくれるようになり、家事にも積極的になったように思います。
最近は、体調が悪いかも……と言えばなんでもやってくれます(笑)

いつまでもお子ちゃまな夫には義母の喝を!

いかがでしょうか。
男性にはマザコンが多いと言われますが、実際に嫁の言葉よりも義母の言葉の方が響いている……という経験、みなさんにもあるのでは?
ぜひ義母を味方につけて、居心地の良い素敵な家庭にしていきましょう!
(廣瀬伶/ライター)