LINEの送信先を間違えて大惨事……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“浮気バレLINEエピソード”を4本、ご紹介します!

娘と浮気相手を間違えて……

友達のお父さんのお話です。
社長のお父さん、娘も同じ職場で働いています。

ある日お父さんから娘に「ありがとう!また会おうね」と不倫相手に送るはずのLINEが送られてきたそう。
すぐ間違いに気づいたお父さんだったが時すでに遅し。

するとお父さん、口止めとしてお金をくれたそう。(笑)
違うんだ、お母さんには黙っていてくれと……。

黙っている訳もなく、お母さんと娘でお金は半分にしたそう……(笑)
(25歳)

(広告の後にも続きます)

恥ずかしい写真を……

友達と遊びで自分の顔写真を切り取って別の写真と加工したりして遊んでいると間違えて当時気になっていた男性に送ってしまった……。

しかもピン写真でとても恥ずかしく、でもまだ削除機能がなかったので沈んでいましたが、気にしないで~と優しく返信してくれました。
(24歳/会社員/女性)

いとこと言っていたけど……

社会人1年目、当時は彼氏だった今の旦那と同棲をしていました。
発覚したその日、私は会社の同期と夜ご飯を食べて帰ろうとしていました。

駅で少し立ち話をしていると、私のスマホに旦那からラインが来ました。
画像が送られてきたのでそれを開くと旦那と知らない女が肩を並べて撮ったツーショット。

これ何?と聞いても焦る素振りもなく、いとこだと言い張られました。
その後別れそうになるも距離を置き、元に戻りましたが後々浮気相手だったということが発覚しました。
(26歳/会社員)

(広告の後にも続きます)

知らない女性とのツーショットが……

スマホをいじっていたら彼からLINEが入りました。
すぐに削除されましたが時すでに遅し。

通知から内容を確認していた私は内容を見てしまいました。
なんと彼から女性と2人で撮った自撮り写真が送られてきたのです。

今の見たよ!と速攻送ってやりました。

いかがでしたか

LINEの送信先を間違えると、大事件になることも……。
気軽にメッセージのやり取りができる分、LINEの送り先には注意した方がよさそうです。

以上、大惨事となった誤爆LINE特集でした。
次回の「浮気バレLINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)