男性目線で一緒にいたい女性と、女性目線で見る一緒にいたい女性には違いがあるようです。男性目線で一緒にいると疲れる女性を知ることで、「疲れる嫌な女性」になるリスクを減らすことができますよね。
せっかく一緒にいるなら、楽しくて一緒にいたいと思ってもらえる方がうれしいはず。
どんな女性と一緒にいると疲れてしまうのか、男性の本音に迫ります。

■連絡を愛情の大きさとして考える女性

大好きな人から連絡をもらって嫌な人はいませんよね。
特に「好きだよ」「愛してる」など、愛情表現があるとうれしいものです。
ですが、男性は連絡することが苦手で、必要なことしか連絡をしないということもよくあること。「連絡がないからといって、浮気してたでしょ~!」なんて言ってしまったら危険信号。
連絡がないだけで浮気を疑われてしまうのは、男性は疲れてしまいます。
「嫌いだから連絡しないの?」と問い詰めてしまうと、どんどん男性は遠くに行ってしまいますので、気を付けたいところです。

■自分の意見が通らないと不機嫌になる女性

女性は急に機嫌が悪くなると男性は思っていて、自分の意見が通らないと不機嫌になる女性は、一緒にいたくないと思っています。
例えば、遊園地デートで人が多くて自分の思い通りに動けなかったときに、「つまらないから帰る」なんていうものなら、2度とデートしたいとは思えないのだそう。
一緒にいて楽しい時間を過ごせずに、かえって女性の機嫌を取るようなことがたくさんあると、この女性は疲れるな……と判断してしまいます。
自分の意見がすべて通らないとNGと思っていると、素敵な男性を逃してしまうかも……。

■自分の時間を取らせてくれない女性

好きな人とならいつでも一緒にいたい!と思う女性と、自分の時間が欲しい男性の間には、一緒にいる時間に対しての温度差があります。
特に男性は1人の時間を大切にすることが多く、彼女と一緒にいる時間と同じくらい大切に思っているのです。
皮肉なことに、ずっと男性と一緒にいたいと思えば思うほど、一緒にいて疲れる子だと思われてしまうのだとか。
1時間でも2時間でもいいので、男性が1人でいられる時間を作ってあげる方が、関係は長持ちしやすいです。

■一緒にいたいと思われる女性になろう

一緒にいて楽しい、心地よいと思われる女性になることで、より2人の関係が良くなって長続きすることがほとんど。一瞬の安心や満足を取るがあまり、長続きしない恋愛をするのは嫌ですよね。
この子と一緒にいたいと思われる女性になって、もっと素敵な時間を過ごしていきたいですね。
(ハウコレ編集部)