「一途な男性」と聞くと、そのような存在は伝説の中だけではないかと諦めていませんか?

一途な男性はごく少数ですが、確実に存在するのです。あなたの身近にもすでに登場しているかもしれません。

一途な男性は、そのまま「好き」という気持ちが行動にも表れやすいです。そのほかにも、意外と気づかない「一途ゆえの行動」が結構たくさんあるのです。

それだけ大切に強く思っているからこそ、気持ちが抑えきれずに思わず外側に溢れ出てしまうのでしょう。

そこで今回は、「一途な男性」が見せる本命のサインについて紹介します。

常に「共感」してくれる

「好きな女性の意見には、できるだけ共感を示したいです。同じ考えだよってことを、ちゃんと伝えたいですからね」(30代・男性・広告代理店)
共感を示すのは、「あなたのことをわかっているよ」という思いを伝える行為のひとつ。
それは、「自分は味方である」とか「支えてあげたい」といった気持ちの表れでもあるでしょう。
悩みや相談を持ちかけたときに、まずは「わかるよ」と共感して寄り添ってくれる男性は、あなたのことを本当に大事にしてくれている人ですよ。

(広告の後にも続きます)

「連絡」を大切にする

「本命女性に対してはマメに連絡を欠かさないです。時間があったらちょっとでも話していたいという気持ちになっちゃいます」(20代・男性・音楽制作)
本気で好きな女性と連絡を取り合うのは、それだけでうれしい気持ちになるもの。
だからこそ、ものすごく大切にするでしょうし、丁寧なやり取りを心がけるはずです。
ただ連絡がマメなだけではなく、適当に流したり雑な返信をしたりしないのは、それだけあなたのことを一途に思ってくれている証とも言えますよ。

少しだけでも「会いたがる」

「会ってくれるなら、どこにでも行っちゃいます。数十分とかしか会えなくても、頑張って向かっちゃいますね」(30代・男性・インストラクター)
寡黙で物静かな男性は、常に冷静に物事を判断している人だと言えるでしょう。
マイペースに落ち着いてさまざまなことを考えているので、つい無口になってしまっているだけ。
ここぞというときには、ズバッと自分の意見を主張できる男性は、じっくりと周りを見ている人ですよ。

(広告の後にも続きます)

何かと「心配する」

「鬱陶しいかもしれないけど、色々と心配してしまいます。なんかいつも頭の中で、彼女のことを考えてしまっているんですよね」(20代・男性・システムエンジニア)
「好き」という気持ちが強くなってくると、「心配」も生じるようになってきます。
大事に思っていればいるほど、「大丈夫かな?」「うまくできているかな?」と気になって仕方がなくなるもの。
ちょっと過剰なくらいに心配をしたり、困っていたらすぐにフォローをしてくれたりする男性は、あなたのことで常に頭がいっぱいなのでしょう。

さいごに

やっぱり「一途な男性」こそ、彼氏にするには最高の相手だと言えます。
あなたもきちんと思いを返してあげたら、いつまでも長続きするようなお付き合いができるはずですよ。
(山田周平/ライター)