運勢と言えばやっぱり気になるのは恋愛運、ですよね! 恋を求めているときはもちろんだけど、好きな人がいるならなおさら。

2022年もスタートし、1ヶ月が過ぎようとしています。今年の恋愛スタートはどのような感じでしょうか?

なんとなくまだ波に乗れていない……なんていうひともいるかもしれません。

そこで今回は、現在進行形で恋をしている人に向けて、12星座別に2022年恋の傾向と対策をお伝えします!

おひつじ座

上半期は仕事や人付き合いが忙しくなり、恋に向ける熱意が若干下がり気味。自分はよくても相手に寂しい思いをさせてしまうことも……? 
とはいえ、後半はぐっと上り調子に。特にお盆に入る頃から9月上旬あたりは、デートが最高に盛り上がったり、有形無形問わず素敵なプレゼントをもらったりと嬉しい出来事が連発しそう。
関係を一歩進展させたいなら、この時期はとにかく楽しい思い出をたくさん作り、10月に入ってから本腰を入れて心の交流へとシフトするのがおすすめですよ。

(広告の後にも続きます)

おうし座

上半期は仕事以外のことに気が向かないほど多忙になりそう。
意中の人の存在が心の癒やしになるけれど、気持ちの余裕が持てないばかりに当たり散らしたりしないようにご注意を。現状維持に徹して。
秋口頃からは運気が上昇し、恋愛の充実へと心が傾きます。
10月下旬から11月中はゆっくりと気持ちを重ね合わせて、12月には具体的な前進が見込めそうです。
穏やかで心温まるコミュニケーションに、幸せを満喫できるでしょう。

ふたご座

本来は自由で軽やかな恋を望むふたご座さんですが、2022年は地に足のついた骨太な関係を築き上げるべきとき。
結婚や同棲など大きな決断をしたいと思っているなら、進展の大チャンスです。
特に2月中旬は行動力もアップし、自分から意中の人との距離をグイグイ縮めていけそう。
ここで強い絆を結び、10月にはさらに情熱が燃え上がります。今年中には具体的な進展がみられるかも!

(広告の後にも続きます)

かに座

恋愛面では山あり谷ありの一年となりそうですが、最終的には大団円を迎えられそう。
年初から春先までは、テンションが上がるような小さな出来事がたくさん起こり、キラキラした毎日に。特に3月上旬には、あっと驚くような出来事をきっかけに、ふたりの関係性が変わるかも。
さらに、10月下旬にもう一つの転機が訪れ、あなた自身の恋への向き合い方が変わる可能性が。
葛藤もありますが、ここを乗り越えられればふたりの関係は揺るぎないものとなるでしょう。

しし座

2022年の恋愛は、華やかでありながらも激動のとき。
年初から才能や個性にあふれた人との出会いが次々に起こり、そうした人物と接しているうちに、あなた自身の恋愛観や人生観に変化が起こるかも。
これが今の恋愛にいい影響を与えれば、8月中には結婚や同棲へと踏み切るなど、大きく前進できるでしょう。
逆に、意中の人との縁が薄い場合は関係が途切れる可能性がありますが、その分新しい幸せが訪れるので結果オーライとなるでしょう。