不倫のスタイルで意外と多いケースが「社内不倫」。

なので、自分は不倫とはまったく関係のない生活を送っていても、社内不倫を目撃してしまったり、職場ない不倫に巻き込まれてしまったりすることもしばしばあるのです……。

「巻き込まれるってどういうこと?」と、お思いかもしれませんが、そもそもがどろどろとした関係性である不倫。近くにいたら、無関係だとしても何が起こるかわかりません。

今回は、そんな社内不倫の現場を目撃してしまったある女性のエピソードをご紹介していきます。

1.平凡な会社員生活

わたしの名前はアイコ。ごく普通の会社員をしています。
この会社は、かねてから希望していたた職種だったので、楽しく仕事をしていました。
彼氏もいないので、会社の人と仲が良くひんぱんに飲み会などをして、業務以外でも上司や女性の先輩ともうまく付き合えていました。

(広告の後にも続きます)

2.飲み会でイチャつく男女……?

その日、私はあるプロジェクトのためにチームを組んでいる先輩たちと、取り引き先へ出かけました。
そして、先方との交渉もうまく進み、打ち上げへ。
かなり場が盛り上がってきたので1度トイレに立つと、居酒屋の外で年配の男女が抱き合っている影が見えました。
なんとそれは、私の直属の上司と、女性の先輩でした!
「え、うそ!? 確か2人とも結婚しているはず……」
でもその日は、たまたまお酒が入っておかしな行動してしまっただけかもしれない……。私はそう思い込むことにして、自分の席へ戻りました。

3.その後も続く異変

しかし、その後も上司と先輩の違和感はどんどんエスカレートしていきました。
チームで泊まりの出張のときは、それぞれ部屋は予約するものの、片方の部屋しか使っていなかったようなのです。
不倫カップルと私とで残業した際は、私が先に帰って2人きりになった途端、部署のカーテンを閉める。なんてこともありました。
上司が宿直の日は先輩も必ず残業していたり……。
その度に「2人はデキてるのだろうな」と確信しました。
今のプロジェクトが終わればこの2人からは離れられるし、それまでの我慢だと思い、変なとばっちりを喰らわないように、彼らからはなるべく距離をとるようにしました。

(広告の後にも続きます)

4.雲行きの怪しすぎる展開

それからも不倫上司たちの目に余る行動は増えていきました。
しかし、私は最低限のコミュニケーションしかとらなかったので、ストレスを貯めることもありませんでした。
だったのですが……。
あろうことか、同じチームなのにあまり会話しなくなったことに違和感を覚えた社内の人間が、「私と上司が不倫をしているのではないか?」という噂をを流し出したのです!
そして私はその噂を聞きつけた上司に呼び出されることになりました……。
職場内不倫に巻き込まれないよう過ごしていたはずのアイコ。しかし、その行動が裏目に出て、不倫に巻き込まれてしまうのです!?
このエピソードは、後編へ続きます!
後編は1月22日(土)20:30に公開予定! お楽しみに!
(mashu/ライター)