男性が本当に好きな女性にだけ見せる愛情表現とは、どういったものなのでしょうか?男心がわからない人でも、彼の行動や発言を観察することによって、それが愛情表現なのかどうかがわかります。

男性が好きな相手にだけ見せるのは、直接的な好意です。好きな人に好きになってもらえるように、男性はわかりやすい愛情表現をします。何気ない行動や発言の中に「もしかして私のこと好きなのかも?」と思えるような部分がきっと見つかるはずです。

脈なしの場合や友達に見せる行動と、好きな人にだけ見せる顔はどう違いのかもまとめました。是非参考にしてみてください。

片想いしている男性が本当に好きな相手にだけする愛情表現1.LINEが多い

男性は片想いをしているときに、気を引きたくて、気になっている相手から連絡がくればすぐに返信をしますし、もし連絡がなくても、何か理由をつけて相手にLINEを送ります。
どんなささいなことでもいいから相手とつながっていたい、と思うので、休日の予定や夢中になっていること、デートの誘いなど理由を作ってはLINEしてくるでしょう。
適当なスタンプで済ませたり、「うん」「へー」など気のない返事を送ることはありません。なるべくやり取りが続くように、会話を広げようとしてきます。

(広告の後にも続きます)

片想いしている男性が本当に好きな相手にだけする愛情表現2.食事に誘う

男性が女性に片想いをしているときには、会う約束をとりつけようとしてきます。ランチやディナー、お酒が好きな女性と分かれば飲みの席などに何かと誘ってきます。
食事に誘う場所もラーメンやファストフードではなく、素敵なレストランを予約したり、話題のカフェなどを調べたりと、気合を入れて誘ってくれます。
もし相手がSNS映えする写真を撮るのが趣味なら、予約の取りにくい飲食店を事前に予約をするなど、労力をかけようとするでしょう。

片想いしている男性が本当に好きな相手にだけする愛情表現3.何気ない会話を覚えている

男性が片想い中に好きな人との何気ない会話の一部を覚えているのは、それだけ好きな人のことを大切に思っているからです。
たとえば好きな人の誕生日や初めて記念日、食べ物の好き嫌い、生活リズムなど。
もしお付き合いをすることになったら必要になりそうなことをさりげなく聞き出し、覚えておきます。片想い中は、いつ相手の気持ちが自分に向いてくれるかわかりません。
あまりに会話の内容を記憶しすぎて気持ち悪い、と言われない程度に覚えていることをさりげなくアピールする場合もあります。

(広告の後にも続きます)

片想いしている男性が本当に好きな相手にだけする愛情表現4.とにかく会いたがる

片想い中は、その恋が成就するかどうかはわかりません。
両想いになるためには、LINEや電話だけではなく、実際に顔を合わせてふたりでいる時間を積み重ねていく必要があります。一足飛びに恋人関係になるのは難しいので、友達としての関係を濃密にしていかなければならないからです。
何かにつけて会いたがるのは、接触回数を増やすことによって好意を抱いてほしいと思っているため。
たとえば物の貸し借りや、近所に用事があったなどの理由で会いたがります。

片想いしている男性が本当に好きな相手にだけする愛情表現5.特別に優しくする

男性は片想いをしている相手に対しては、特別に優しくします。
常に穏やかに接し、前向きな発言や行動をうながしてくれたり、少しのことでは怒らずに許してくれたりします。
怒らないと言ってもただ甘やかすということではなく、好きな人のことを想って、何をするのが本人にとって最善なのか考えてくれるでしょう。