ファッションによっては、年下男性から「おばさんっぽい……」と思われてしまうのだとか。

たかがファッションなのに「なんか自分とは違うな」と感じさせてしまうのは、ちょっともったいないですよね。

そこで今回は、男性がドン引きする「冬のNGファッション」をご紹介します。

派手すぎるネイル

「冬になると急にネイルや口紅が派手になる女に人多い気がする……。あれやめてほしいな。ボルドーとか濃いブラウンのネイルや口紅、個人的には好きじゃないです」(26歳男性/営業)

冬はダークなカラーのメイクアイテムが出回る時期ですが、年下男性のウケはイマイチの様子。

しかし、何色でも本当に似合っていればメイクに対してのツッコミは入りにくいもの。

しっかりファッションに合わせるのは気にならないけど、メイクだけが浮いていると派手に見えてしまうようです。

服装とファッションの色は合わせるよう意識しましょう。

(広告の後にも続きます)

完璧な日焼け対策

「気になる女性をデートに誘ったんですけど、当日はつばの広い帽子にグラサン、デニムで来たんです。びっくりしました。

『冬でも焼けるから』って言うんだけど、デートなのにお母さんといるみたいでちょっと悲しかったです」(25歳男性/販売)

冬でも紫外線に対して油断はできない……というのはわかります。

でも、男性との初デートなのに、このようなスタイルで現れるのは微妙だと思われる確率が高いです。

美容面に対して「そこまでしないとダメなの……?」と男性に感じさせてしまうのは、あまり良い結果を生まないと考えてよいでしょう。

季節感がおかしい

「年上のお姉さんが色味や素材が夏っぽいアイテムをいつまでも着てるのは、なんだか嫌かな。ビニール系のバッグとかスイカのピアスとか……。季節感に合ってないなって。

冬になったら黒ストッキングをはいてたりファーアイテムを使ってる人のほうが、大人の女っぽくて好き」(24歳男性/営業)

季節に合ってないファッションの女性は、「なんだかしょぼい」「年上なのにだらしない」と思われてしまうよう。

服はもちろんですが、アクセサリーや小物なども季節に合ったものを使うようにしてみてくださいね。

(広告の後にも続きます)

アウターを肩に掛ける

「室内でジャケットやカーデを肩から掛けてるのってなんか意味あるの?着るなら着る、着ないなら着ないではっきりしてほしい。落ちそうになって気にするのもダサい。

正直言うと、おばさんがやってる着方ってイメージがあって、見るだけで萎える……女の人には言えないけどね」(26歳男性/公務員)

ジャケットの肩掛けや肩の部分だけ穴が開いているニットなど、「なんの意味があるの?」と感じるファッションは男性には理解しづらい面があるようです。

おしゃれなのですが、気になる男性の前では避けたほうがいいかもしれません。

好きな服を着るのがいい!

多くの男性にとって女性のトレンドファッションは理解しづらいもの。

そのため、シンプルさを心がけてみるとおばさんっぽいと思われにくいでしょう。

とは言え、自分の好きなファッションをするのがいちばんだと思いますよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)