彼氏との付き合っていてふと、自分は本命なのかどうか気になったことはありませんか?

本気で好きでも結婚まで考えてくれているのかわからなかったり、そもそも遊び相手なのかもしれないと悩んだりする人もいるはず。

今回は、男性に「本命の彼女にだけすること」を聞いてみました。

あなたの彼に当てはまるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

恋愛に対する考えを聞く

「本気で付き合っていきたい子とは『嫉妬』『束縛』『スマホチェック』みたいなはどこかでしておきたいですね。長く付き合ううえでの、お互いの地雷を知っておきたいなって。

元カノのイマイチな言動を『どう思う?』って聞いてみることもありますよ。人には相性があるし、元カノと同じことで失敗したくないじゃないですか」(29歳男性/不動産)

元カノの話をされるなんて未練があるってこと……?と思いがちですが、そういうわけではないようです。

恋愛で同じ失敗をしたくないという男性は、あえてその原因をつぶす話をしようとするのだとか。

元カノの話や嫉妬の話などをするのは、本命だから真剣に向き合いたいという気持ちの表れなのではないでしょうか。

(広告の後にも続きます)

家族や将来の話をする

「本気で付き合ってる人には、家族の話をそれなりにします。いずれは親に紹介したいとか、仲良くなれそうかな?って気持ちもあるけど……。一番の理由は付き合いが深くなると、自分の本音を話すことも増えるからですかね。

家族や生い立ち、将来の夢とかって切っても切れないことだと思うんです。本命だからこそ、自然と踏み込んだ話になるってことですね」(28歳男性/コンサル)

ゆくゆくは一緒になる未来を思い描いているからこそ、家族や生い立ち、そして将来の話をする男性もいるようです。

本命の女性に対しては、いろいろな姿や考えを知っていてほしいという思いもあるのでしょう。

踏み込んだ話をする仲なら、本気であなたとの将来を考えていると思ってもいいかもしれません。

思いっきり甘える

「彼女が年上なのもあるんですけど、付き合いが安定してからは遠慮せず甘えてますね。

家で彼女が料理してるところにハグして『危ない』って怒られるのも楽しいし、出張帰りで疲れた日は『抱きしめて』とか頼んでます。そこら辺の女性とか友達とかには、絶対見られたくないです……」(26歳男性/メーカー)

男性は、職場や友達の前ではかっこつけていたいと思う人が多いようです。

そのため、心を開いた彼女の前でしか甘えた姿は見せられない……なんてことも。

年齢にかかわらず、彼が甘えてくるようなら、それはあなたを本命として認識しているからなのかもしれませんね。

(広告の後にも続きます)

喜ばせようとする

「好きな女性にはなにかしてもらいたいというよりも、自分のしたことで喜んでもらいたい気持ちが強いです。おごるのもそうだし、プレゼントもそうです。

悩みは全部僕が解決してあげたいですね。遠慮されると寂しいので、どんどん頼ってくれたらいいなって思います」(25歳男性/広告)

男性は、本当に好きな女性に対しては「なにかをしてほしい」という気持ちよりも「なにかをしてあげたい」という気持ちの方が強くなるようです。

好きだから喜んでほしいのと、喜んでくれるから好きになるというサイクルでレベルが上がっていくのかもしれません。

彼がなにかをしてくれたときには、恥ずかしがらずに喜んでみましょう。

本命だけの特別扱いを

彼氏が「好き」と言ってくれないと、不安になることもあるかもしれません。

しかし彼らの言動を見れば、本気かどうかがわかる可能性があります。

言葉だけではなく、行動にまで注目してみてはいかがでしょうか。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)