素敵な彼氏とのお付き合いは、結婚を視野に入れているという場合も多いでしょう。しかし、お付き合いと結婚は別物です。

結婚は、これまでの自分のルールや個性、習慣などを抑えながら生活していくものです。もし相手がそれができない男性だったとしたら、結婚には向いていない人かもしれません。

今回は、結婚に向いていない男性の特徴を紹介していきます。彼氏がいくつも当てはまるようであれば、結婚は慎重に考えたほうがいいかもしれません。

彼氏と結婚相手の選び方は違う?

「彼氏には十分なんだけど、結婚相手ではなかった」というセリフを聞いたことがある人もいるかもしれません。彼氏にはOKで結婚相手にはNGの男性とはどのような人なのでしょうか?

そこには、彼氏と結婚相手の選び方の違いがあります。

彼氏は、好きになった気持ちやときめきや刺激、容姿が好みなど、直感的な部分で選んでいることが多いでしょう。 しかし、結婚相手はこの先の将来や親のことなど、多角的によく考える必要があるのです。

また、彼氏は金銭感覚や価値観などが多少違っていても付き合っていけますが、結婚相手となると、同じ方向を向いていないと将来的に不安です。

ちなみに、『見た目がよくて社交的な恋愛体質の男性』とは付き合っていても絶対に結婚したくないと考える女性もいます。このような男性は将来女性関係に悩まされる確率が高いので、結婚相手にはあまりおすすめできません。


(広告の後にも続きます)

こんな男性は結婚に向いていないかも!

見た目だけ

見た目が素敵な男性とのお付き合いは、友人などにも自慢できるかもしれません。しかし、どんなに見た目がよくても結婚相手に向いているかどうかは関係ありません。見た目だけでは生活は送れませんからね。

見た目と同じくらい中身も素敵ならまったく問題ありませんが、全ての男性が中身が伴っているとは限りません。


趣味が多い

趣味を充実させている男性はいきいきと輝いていて、そこが素敵だと感じる女性も多いかもしれません。

しかし、趣味が多いということは、その分収入をつぎ込んでいるから充実させることができているのです。

結婚した後の生活を考えてみてください。趣味のために生活費を少なくされるだけでなく、一緒に過ごす時間がない可能性もあります。


優しいだけ

優しい男性は、結婚後もその優しさで接してくれるから安泰だと考える女性もいるでしょうが、優しいだけでは円滑な結婚生活は送れません。

優しさはもちろん大切です。しかし自分で責任を取らず相手に任せるのは優しさではなく、実は頼りないだけなのでよく注意してください。


自分が一番

常に自分が一番の男性は、結婚しても自分が一番です。

将来子どもが生まれても自分が一番、何か問題が起こっても自分が一番なのです。

付き合っている時に少しでも「自己中心的かも……」と感じた男性は、結婚したらもっと自分中心になる可能性大です。もしかしたら変わるかもしれないから、という期待は持つだけ無駄だと思いますよ。


こだわりが強すぎる

食事やライフスタイルなど、何かに対してこだわりを持つ男性は、自分を持っているようでカッコよく感じるかもしれません。

しかし、こだわりが強い男性はそのこだわりを相手に譲ることができません。つまり、こだわり抜いてしまうのです。

自分のスタイルを貫くだけで相手に合わせることができず、女性にもそれを強要してくる可能性も考えられます。


結婚に憧れているだけ

女性が結婚に憧れるのと同じように、結婚に憧れている男性もいます。しかし、この憧れが間違ったイメージの場合があるのです。

例えば、結婚したら専業主婦しか認めない、いつでも自分に尽くしてくれる、母親のように何でも手作りするなど、結婚後の将来像が偏っている男性には注意しましょう。


大黒柱の意味を履き違えている

結婚したら自分が大黒柱となって頑張ろうと意気込む男性は多いですが、なかには大黒柱の意味を履き違えている場合があります。

大黒柱とは一家の中心となって家族を支えるという意味ですが、自分中心にみんなを振り回していいという訳ではありません。常に自分に従うべきという考えは、前時代的で柔軟性に欠け、家族を思いやる気持ちがありません。

このタイプも結婚には向いていないでしょう。


おわりに

お付き合いと結婚では重視するポイントが違うため、相手選びの決め手も異なります。将来の夫として、ずっと一緒に生活できるか、同じ考えや感覚を共有できるか、見極めることが重要です。

付き合っているときには本来の自分を隠していても、結婚後にそれらが露呈する男性もいます。今回の記事を参考に、今の彼氏が結婚に向いているかどうかチェックしてみてくださいね。