恐ろしいことに、恋愛は思わぬところに落とし穴があったりするものですよね……。

だけど、「自分だけは落とし穴にハマらない!」なんて思っていませんか?

実は各星座ごとに、ハマりやすい落とし穴がきちんと(?)用意されているんです。

今回は、その傾向と、恋愛の落とし穴にハマりやすい人をランキング形式でご紹介します!

1位:おひつじ座/牡羊座

「見た目が好み!」とか「優しくされて好きになっちゃった!」……など衝動的に恋に落ちる傾向にあるおひつじ座は、12星座のなかで最も「恋愛の落とし穴にハマりやすい」と言えるでしょう。
本人は直感的にビビビッときたつもりでも、その直感が案外ハズレていたりするからです。
しかも、好きでいるあいだは盲目的。相手の欠点も見ないふりをして、素敵な人だと思い込もうとすることも。
おひつじ座さんは、好きな人が出来たら客観的で現実的な視点を持ったやぎ座やおとめ座の友達に、意見を聞いてみると良いかもしれません。

(広告の後にも続きます)

2位:かに座/蟹座

好きになった相手にはとことん尽くしてしまうタイプが多いかに座も、「恋愛の落とし穴にハマりやすい」星座です。
というのも、尽くし過ぎて恋人のつもりがお母さん状態になっていたり、相手から過干渉気味なのを「ウザい」と嫌がられてしまうことが往々にしてあるから。
好きな人には何でもしてあげたいという気持ちは分かりますが、適度な距離感は保ったほうが良いでしょう。
相手の自立を尊重するふたご座や、自分は自分と個人主義を貫くみずがめ座に見習うところがありそうです。

3位:みずがめ座/水瓶座

自分の個性はもちろん、相手の個性も尊重するみずがめ座、好きになるのは同僚や仲間など身近な相手が多く、友情と恋愛の境目があいまいになりがちという特性があります。
そのためいまいち恋愛としての盛り上がりに欠けてしまい、片想いが続くと「もうこのまま友達でもいいか」と割り切ってしまったり、恋人になっても「付き合っている意味あるの?」というくらい淡泊になってしまう可能性が高いのです。
恋愛にウェットな感情を抱き、多分に入れ込む傾向にあるうお座やかに座の要素をすこし取り入れてみるといいかもしれませんね。

(広告の後にも続きます)

4位:さそり座/蠍座

独占欲が強く、好きな相手とは心も体も深くつながりたいと思うさそり座も、「恋愛の落とし穴にハマりやすい」と言えます。
片想いしているあいだ、好きな人を取り囲む異性をうらやみ、ヤキモチを妬くのは序の口。
両想いになって付き合いはじめたら、同性の友達との予定であっても把握したいと束縛する傾向があります。
また、好きな人とのつながりを求めるあまり、早々に体の関係を結んでしまって、相手が体目当てになってしまうこともあるかもしれません。
どっしり構えて相手の行動を見守れるおうし座や、付き合うまでもその後のステップにも慎重なやぎ座の恋愛から学びを得ましょう。

5位:いて座/射手座

いて座は生来、狩人のような性質を持ち合わせています。それをどこで発揮するかによっていて座の人生は変わってくるのですが、恋愛において発揮されると厄介です。
恋の駆け引きめいたことや、相手を落とすことに夢中になってしまい、相手がいて座に振り向き、魅了され、好意を寄せられたとたんスッと熱が冷め、すぐに別の人に目移りしてしまうこともしばしば。
手段が目的になってしまって、本来の目的……好きな人と結ばれたい、幸せになりたいといったことを置き去りにしてしまうという恋愛の落とし穴にハマりやすいのです。
好きになったらとことん一筋、一途なおとめ座やさそり座のような恋愛を目指せると、落ち着くことが出来るでしょう。