彼にとって、理想の彼女とそうではない女性が存在します。
そんなつもりはなかったのに…といった彼にとって彼女に幻滅することが少なからず存在するのです。
もちろん、相手にとって理想は理想なのだと理解しているものの許せないと感じる行動は存在します。

■彼女像が見えない

好きだから付き合った彼女に対して、彼女とは思えないと思われてしまったら、それだけでショックは大きなものです。
彼女とは思えないと考えるということは、彼にとってとても重要なことであり、かけてしまっては困ることであったことを意味しています。
彼女としては、そんなつもりはなかったとしても彼がそう思っては恋愛が成立しないと考えるべきです。

■人の悪口をいう

悪口をいうのは、自分自身がスッキリしても聞いている側からしたら不快に感じることばかりです。
聞いていれば聞くほどに苛立ちが隠せないという男性は多いからです。
女性は話をして発散するものですが、男性はそうではありません。
話を聞くことによって、ストレスがたまり苛立ちが隠せなくなることも少なくないのです。

■言葉遣いが悪い

男性が一番といっていいほど気になるのが言葉遣いです。
言い方一つで捉え方は変わっていきますし、言葉遣いが綺麗かそうではないかで、相手にとっての受け身姿勢が変わっていきます。
話の内容がおなじであっても汚い言葉をずらずらと並べた話では苛立ちが抑えられなくなって当然なのです。
言葉遣いを意識することによって、相手に不快な気持ちを与えないことが重要です。

■下品な行動をとる

下品な行動をしているつもりがなくても、無意識に彼の前でしてしまっている場合があります。
下品な行動をする人なのだと相手に思われてしまっては、もう撤回はできません。
好感度を求めるのであれば、相手の前だけではなく常に女性らしく日頃から振る舞うべきです。
相手にとって不快に感じる態度は、彼の前ではしないと決めていても知らずのうちにしてしまうものなのです。
気をつけなければなりません。

■まとめ

知らずにでてしまう習慣や、あるいは安心感や慣れなどからついつい間違った行動をしてしまいがちです。
しかし、これがきっかけでお付き合いがダメになってしまうということも少なくありません。
きちんと日頃から気を付けておくことが大切なのです。
(ハウコレ編集部)