6位 九紫火星

あっけらかんとしているので案外何も考えていないように思われます。
ただし、火がついたときの変わりようは簡単に消火できないほど。
こじらせてしまうと面倒な「腹黒」です。ちょっと陰湿になるかもしれません。
確率にすればそのような状態になることは少ないですが、火をつけたときの対処は早めに!

(広告の後にも続きます)

7位 二黒土星

世のため人のためが信条。「腹黒とは対極」のポジションに位置しています。
なのに、なぜ中途半端なランク付けをしたかといえば、実際はずる賢さを兼ねそなえている人が案外多いからです。
優しさの裏側に「計算が入っている」としたら実は腹黒なのかもしれません。

8位 一白水星

人の扱いが上手ではないため誤解されることもあるかもしれませんが、意地悪でやっているのではなく「どう接して良いかわからない」というのが本音でしょう。
取り扱いは面倒な人が多いかもしれませんが根は案外良い人、というのが多いタイプです。

(広告の後にも続きます)

9位 八白土星

多分、九星の中で一番堅実でしょう。実績を積み重ねることにより少しだけ世渡り上手になるかもしれませんが、一番の慎重派であるのは間違いがありません。
「腹黒」とは少し違う「信用しない」というスタンスで人間関係を形成していきます。

いかがでしたか?

今回は「腹黒ランキング」という変わった切り口で九星を分類してみましたが、やはり「腹黒」の定義が難しく、一様に「ランキング」するのはかなり苦労しました。
ただ、上手に対処をしていけば「イラっとする!」ことも減ってくると思います。
あくまで参考程度に、気になる彼の腹黒度を確認してみてくださいね。
(占い師 護明)