男性は女性と比較すると、喜怒哀楽などの感情表現が苦手で、一見わかりづらい部分があります。
その分、演じるということは苦手で言葉で嘘をついても態度で分かりやすい面があります。
つまりカムフラージュが苦手というわけですね。
逆に言えば、男性の無意識下での行動や仕草、振舞いなどで本心を見抜くことが出来るということです。
そこで今回は男性がする特別な女性への行動とは?等の情報を見ていくことにします。

■自然と笑顔になる

特別な女性に対して男性は無意識に笑顔になるものです。
いつもは無愛想な男性でも、好きな人と接したり、好きな人の前ではついつい笑みがこぼれるものです。
特別楽しいことがなかったとしても、笑顔で接してくる男性はあなたのことを特別に思っているものです。

■目を合わせない

通常好きな人のことはジッと見つめると考えてしまいがちですが、本当に特別だと思っていれば逆になかなか目を合わすことが出来ないものです。
話していて不自然に目をそらす男性がいたら、それはあなたを特別に思っているからです。
もちろん、あなたと対峙していない時は、あなたのことを見つめている可能性が多いので、ふと目が合う瞬間が多いですが、目が合うとすぐにそらしてしまうものです。

■パーソナルスペースに入ってこない

男女問わず人には「パーソナルスペース」というものがあります。
この「パーソナルスペース」というのは心理学用語です。
いってみればこれは「縄張り」と同義です。
人はこの「パーソナルスペース」の中に入れる人物には心を許しているといえます。
逆にいえば、「パーソナルスペース」を侵していけば、自然と気を許してしまうといえるのです。
ですが、特別だと思っている相手の「パーソナルスペース」には中々入っていけないものです。
「この人って距離があるな」と感じる異性はかなりあなたを特別だと感じているものです。

■好意を遠回しに言ってくる

人は特別だと思っている人には出来る限り好意を伝えたいと思っているものです。
ですが、中々ストレートには好きということを伝えられません。
そのため遠回しに好意を示してくるといえます。
例えばあなたが好きというものに関して「自分もそれ好きだな」といったり、あなたが気に入っているものに対して「それ自分も気に入ってる」など「あなた」を好きというのではなく、共感を示してくるのです。
そうしたことを頻繁にいう異性がいたら、それはあなたを特別に思っている相手なのです。

■ボディタッチをしてこない

人は特別に思っている人には中々ボディタッチは出来ないものです。
図々しくボディタッチをしてくる異性は、あなたを特別には思っていません。
そういう異性は、あなたに好意はあるものの、軽く見ているのです。
本当に真剣にあなたのことを特別視しているなら、逆に簡単に触れることは出来ないのです。

■まとめ

今回は男性がする特別な女性への行動とは?等の情報を見てきました。
男性は特別に思っている女性に対してはなかなか図々しく接近は出来ないものです。
やはり特別視している女性のことは大事にしたいと思っているからこそ、一定の距離を置いてしまうものです。
しかし、完全に好意を隠すことは出来ないので、好きだという気持ちが漏れ伝わるような言動も取ります。
(ハウコレ編集部)