「ドラマみたいな恋がしてみたい」なんて思ったことがある女性は少なくないのではないでしょうか。

その憧れがあまりにも強くなりすぎると、現実的には恋愛がうまくいきにくくなる面もあるものです。

そこで今回は、「ドラマみたいな恋」に憧れすぎてしまう危険性について紹介します。

「理想」ばかりが高くなる

「ドラマみたいな恋愛に憧れていた頃があったけど、無駄に理想ばっかりが高くなって、自分でハードルをどんどん上げていただけでした。なので、彼氏なんてまったくできなかったですね……」(20代・女性・美容師)
恋愛ドラマに出てくる主人公は、女性の好む理想を詰め込んだような男性である場合が多いでしょう。
そのため、そこに強い憧れを持ちすぎると、男性に対する理想ばかりが高くなっていくだけ。
それでは出会いがあっても、その先に進展させにくくなってしまうので、あくまでもドラマの中の人物であることは、きちんと理解しておいてくださいね。

(広告の後にも続きます)

男性が「振り回される」

「恋愛ドラマと同じようなことをしたがる女の子と付き合ったことがありましたけど、ただただ疲れただけでした。可愛い子だったけど、一緒にいるのは無理でしたね」(20代・男性・アパレル)
ドラマみたいな恋愛に憧れている女性と付き合うと、結局は男性が振り回されることになりがち。
自分は楽しいかもしれませんが、相手の気持ちも考えるようにしないと、すぐに嫌われてしまうでしょう。
恋愛は当然ふたりでするものなので、自分の欲望ばかりを優先させるようなことはしてはいけませんよ。

「現実離れ」しすぎる

「現実的じゃないことばかり言っている子を見ると、拗らせちゃっているなって感じちゃいます。そういう子には男性もなかなか近づいていかないですしね」(30代・女性・自営業)
ドラマの世界と現実の世界をごちゃ混ぜにしてしまうと、そこから抜け出せなくなります。
フィクションの世界であることを忘れないようにしないと、現実からどんどん離れていくことになるかも。
きちんと割り切るようにしたうえで、憧れを抱くのであれば、現実の恋愛にプラスになる部分が出てくる可能性もあるでしょう。

(広告の後にも続きます)

「恋に恋している」状態になる

「恋愛をしているというよりも、恋愛している自分に酔っている感じがして、付き合ってられないです。僕はちゃんとした恋愛がしたいですからね」(30代・男性・IT)
ドラマの恋愛にどっぷりと入れ込んでしまうと、そういう恋愛をしている自分が好きという状態になりやすいです。
それはまさしく“恋に恋している”ということなので、相手を本当に思っているのかどうかもあやしいもの。
きっと男性もそれには気づくはずなので、「この子と付き合っていても意味がない」と思われることになってしまいますよ。

さいごに

ドラマのような恋愛に憧れを抱くのは決していけないことではありません。
でも、そこにのめり込みすぎてしまうと、男性からは敬遠されてしまう危険性もあるので気をつけてくださいね。
(山田周平/ライター)