夫の実家に帰省した時に、理解に苦しむような謎のルールを知ることもあるでしょう。義理の両親や親戚の発言に度肝を抜かれる人もいるようです。

夫にとっては当たり前のことでも、妻にとっては不思議に感じることも。

そこで今回は、夫の実家に帰省して驚いた、義理の実家の謎ルールについて迫ります。

夫の実家の謎のルールが不思議で仕方ない

年末年始やお盆など、何かのタイミングで夫の実家に行くこともあるでしょう。
その際、夫の実家の謎ルールが理解できない妻たちもいるようです。

(広告の後にも続きます)

1.謎のネーミング

「夫の実家は、ドラマのタイトルを言う時に、なぜか独特なネーミングで言うことになっています。サングラスをかけた男性がナレーションをしている奇妙な物語を扱ったドラマは、なぜか『たーらんたーらん』と呼ばれています。正式なドラマ名で言おうとすると、言い直されます。そのうちに私もその言い方で言うように意識しました。夫が幼少期にうまくドラマ名を言えなかったことがきっかけで、謎のネーミングになったようです」(27歳女性・事務) 

2.カニを全員、剥くまで食べられない

「夫の実家はなぜか、帰省するとカニが出てきます。カニ鍋や焼きガニが出てくるのはとても嬉しいのですが、謎ルールも同時に発生するのです。少しずつカニを食べるのではなく、全員が黙って一心不乱にカニの身をほじりだし、全てのカニの身が出るまで一口も食べてはいけないという謎ルール。最初はそんなことも知らず、食べようとしたんです。すると義母から『まだみんな終わってないわよ!』と、チクリ。カニを食べる頃には、身はすっかり冷え切ってしまい、せっかくの熱々のカニが台無しです」(25歳女性・IT)

(広告の後にも続きます)

3.歯ブラシをみんなで使う

「夫の実家に初めて行った時のこと。洗面所には人数分の歯ブラシがなく、使い古した歯ブラシ1本しかありませんでした。夫にその理由を聞くと、『うちの家は、みんなこの歯ブラシを使うんだよ』と不思議そうな顔。歯ブラシを家族で共有するなんて、あり得ないですよね」(31歳女性・医療)

4.深夜までお茶会

「謎ルールというか、恒例というか。夫の両親は本当に自慢話が長く、深夜まで話が続きます。お茶菓子や紅茶、おいしいケーキが次から次へと出てくるのは嬉しいのですが、さすがに午前3時まで続くのはつらいです。それが毎回なのですが、どうやら義理の両親は夜型で、毎日そんな生活をしているみたい。それで早起きなのですから、いつ寝ているのか不思議です」(29歳女性・アパレル)