一般的にはカタカナで表記する言葉でも、漢字が割り当てられている場合が多々あります。

「弗」という漢字も、その中のひとつ。
じつは意外な読み方をする「弗」という文字について、今回はご紹介します!

(1)「弗」の読み方

なかなか見かけない「弗」と言う文字。
じつはこの漢字、ある物の単位を表す言葉なんです。

日本に住んでいればあまり馴染みのない単位かもしれませんが、外国で暮らしていたり、株の売買をしている人などはよく耳にしているはず。

正解は「ドル」と読みます。
漢字で表記できること自体、初めて知った方も少なくないかもしれませんね。
(『広辞苑』より)

(広告の後にも続きます)

(2)「弗」の意味

「弗」とは、アメリカ合衆国の貨幣の単位を表す言葉です。
元は「ドルラル」という単位で、省略して「ドル」と言い表すようになりました。

「ドル」はアメリカ以外にも、カナダやオーストラリアなど、さまざまな国で使用されていますよね。

その中でも、アメリカ合衆国のドルが国際決済通貨・国際準備通貨として、世界で最も多く利用されてきたため、「弗」は一般的にアメリカのドルを指すのです。

「弗」という漢字は、ドル記号である「$」と似ていることから使用されています。
(『広辞苑』より)

(3)「弗」の使い方

「弗」はそのままドルを表す単位として、「1弗」「100弗」と使用可能です。
また、「弗」を使用した言葉に「弗箱(ドルばこ)」という表現もあります。

「弗箱」の意味は「金庫」や「資金の提供者」「大きな収入源となる人や商品」というもの。
いい印象の表現ではないため、使用する機会が多くないかもしれませんが併せて覚えておくとよいでしょう。
(『広辞苑』より)

今回は、「弗」の読み方や意味について調べてみました。
当て字とはいえ、「円」や「元」以外のお金の単位も漢字で書き表せるなんて、興味深いですね。

ビジネスシーンなどで目にする機会もあるかもしれませんので、ぜひ覚えておきましょう。

(恋愛jp編集部)