やることが多いと、精神的にいっぱいいっぱいになって焦ってしまいがち。
時間がなくてパニックになりやすい男性こそ、タスク管理をしっかりすることが大切なのかもしれません。

そこで今回は、仕事ができる人のタスク管理の仕方について学んでみましょう。

(1)今抱えているタスクを書き出す

まずは、今あなたが抱えているタスクを書き出しましょう。
「あれもこれもしなきゃ!」と思っていることを、全て書き出すのです。

それだけでも、頭の中がスッキリしていくはず。
書き出す媒体は、パソコンの付箋機能が便利です。

(広告の後にも続きます)

(2)急ぎと重要なタスクを抽出

書き出したものの中から、急ぎと重要なタスクを抽出しましょう。
そうすることで、今すぐ取りかかる必要のないタスクもわかります。

この作業をすることで、「時間がない!」と焦っていた頭が少し冷静になったのではないですか?
面倒な作業でも優先的にとりかかって、早く終わらせたほうがあとあとラクですよ。

(3)余裕をもってスケジュールを組む

急ぎと重要なタスクを抽出できたら、余裕のあるスケジュールを組めるようになります。
カツカツのスケジュールを組んでいては、気持ちが焦ってよい仕事ができないでしょう。

ミスにつながる上に、急ぎの仕事が新たに入ったら対応できないことも。
1つのタスクにかかる時間を把握し、少し多めの時間を足してスケジュールに組み込むのがオススメです。

(広告の後にも続きます)

(4)完了させてから次のタスクへ

マルチタスクで仕事をすることが苦手な男性は多いです。
マルチタスクで頭を切り替えることが多いと、その分ストレスもかかります。

効率的に仕事をこなすためにも、一つの仕事を完了させてから次のタスクに取り掛かりましょう。
そうすることで、安定した作業ペースで仕事に取り組めるようになるはずです。

タスク管理が上手にできるようになると、あなたがするべき作業が明確になります。
数多くの仕事を抱えていても、気持ちに余裕ができて質の高い仕事ができるのです。

あなたも周囲から、仕事がデキる人認定されるかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)