真面目に恋愛の相手を探していると、「なにを基準に選べばいいの?」と悩むこともあるかもしれません。

どんなに魅力的な男性に見えても、結婚に向いているかどうかは別ですよね。

恋愛感情のドキドキだけではなく、他にもいろんなポイントから相性を見極めることが重要です。

そこで今回は、手放さない方がいい男性の特徴をご紹介します。

責任感があって有言実行する

責任感のある男性は、周囲から信頼されて評価されやすく、将来有望です。

また、責任感は恋人同士の信頼関係にも影響しやすいのだとか。

反対に責任転嫁が多く言うことがコロコロ変わる男性は、自分を守るために周囲を振り回す傾向にあります。

彼を信じれば信じるほど疑心暗鬼になり、信頼関係に深刻な亀裂が入るリスクが高いでしょう。

交際している間はなんとかなったとしても、いざ結婚すると2人の力を合わせる場面が出てきます。

できれば一緒に問題と向き合って、最後まで誠実に寄り添い続けてくれる男性を選びましょう。

(広告の後にも続きます)

情緒が安定していて落ち着きがある

突発的な別れの多くは、感情の起伏が原因といわれています。

心が弱ったときに依存的に他の異性を求めてしまったり、些細なトラブルのはずが大喧嘩に発展してしまったり……。

感情の起伏が大きすぎると、お互いを傷つけやすいのです。

もちろん人それぞれ事情があるため、辛いときには優しく寄り添うことが大切。

ですが、むやみに怒ったり、イライラしたりする男性との交際は、たくさんの悲しい感情を伴います。

落ち着いた男性と付き合うと「包容力があって頼りになる」「一緒にいると落ち着く」などの信頼や愛情が育つでしょう。

こうした感情は、家族になるうえで欠かせません。

過度な束縛や嫉妬をしない

自分に自信がなかったり、罪悪感があったりすると、恋人に嫉妬や束縛を向けやすくなります。

たとえば過剰に浮気を疑う男性には「自分が浮気をしている」というケースが少なくありません。

嫉妬や束縛を無くすために女性側が努力しても、男性自身の歩み寄りが無いと解決は困難です。

もちろん、頻繁に他の男性とデートしたり、疑われたりする行動が多い場合は、男性が嫉妬・束縛をしてしまうのは自然。

しかし、疑わしいことをなにもしていないのに嫉妬・束縛を向けられたとしたら、彼の不信感や劣等感などが原因かもしれません。

(広告の後にも続きます)

彼女の決めたことを応援してくれる

女性の価値観を肯定・応援してくれる男性だと、付き合っている間も結婚してからも自分らしく生きられます。

また、こうした男性は女性が間違えた決断をしそうになっても、傷つけないように意見してくれるでしょう。

反対に固定観念や一般論で、すぐ否定する男性には気を付けた方が良いかも。

意見が違ったとしても、真正面から否定する必要はありません。

本当に相手のことを思いやっているのなら、「〇〇もいいんじゃない?」「僕はこう思うけどどうかな?」と寄り添った言い方をしてくれるでしょう。

見た目も内面も褒めてくれる

「褒める」「尊敬する」というのは、自己肯定感があって劣等感などがコントロールできているサイン。

周囲を幸せにしてくれるタイプの男性に多い傾向です。

とはいえ、「顔がかわいい」「スタイルがいい」と外見ばかり褒める場合は、やましい気持ちがある可能性も。

内面にも目を向けてくれるか見極めましょう。

また、「大人しそう」「恵まれてそう」などのイメージを決めつけて褒める場合、あとあと価値観のズレが起きやすいです。

交際後に息苦しくならないためにも、素の自分も愛してくれるかチェックしましょう。