2021年、みなさんはどんな年だったでしょうか?

努力が実って結果が出た人もいれば、さらに課題が浮き彫りになったという人もいるかもしれません。

そんな人は、心機一転、来年に期待しましょう。

2022年はラッキースター木星がうお座に入ります。

また、この年の木星は春と秋でイレギュラーな動きをするため、注目したいポイントも1年間ずっと同じではありません。

恋か仕事か、それとも……?

あなたの2022年上半期のテーマを12星座別に詳しく見ていきます。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

2022年はとても大事な年です。
運勢の波には長いインターバルで影響力が大きいものと、短い間隔で移り変わるものがありますが、2022年のおひつじ座は前者。「12年に一度のターニングポイント」を迎えます。
5月からは新しい人生をスタートさせるつもりで、長期的な幸せを育てる種まきを始めましょう。
特に、仕事ではやりたいことを実現するためのチャンスがめぐってきます。仕事という枠にとらわれない自己表現の方法を見つける人もいるかもしれません。
年明けからゴールデンウィークまでは重要な準備期です。これまでを振り返りつつ、長期的なライフプランを立てるといいでしょう。

(広告の後にも続きます)

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座にとって2022年は「特別な縁で結ばれた人を引き寄せる年」です。
年初から春までは人間関係がにぎわいやすく、新しく知り合う人も少なくないでしょう。
公私ともに出会いを求めるなら、積極的に人が集まる場へ顔を出すと良さそうです。
そのため、いつも同じメンツとばかり一緒にいるのは運気ダウンのもと。せっかくのご縁を生かすためにも意識は外向けに心がけるといいでしょう。
2022年上半期に仲良くなる人のなかには特別なつながりを持つ人がいます。恋人か結婚相手か、あるいは心の友か……? その人はあなたの日常にうれしい刺激を与えてくれるはずです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

2022年はふたご座にとって、「社会的な飛躍を臨む年」です。
人のためになることをして感謝され、周囲から認められるようになるでしょう。
見返りを求めない個人的な活動がいつの間にか仕事に結びついたり、副業として成立したりするかもしれません。
また、2022年は独立や起業を検討するにも良いタイミングです。
やりたいことがハッキリしているなら、年初から具体的に行動を起こすといいですし、ゴールデンウィークを過ぎたころからは仲間を募ることもできるはず。
「自分の理想を実現する」という目標が明確であれば、お金はあとからついてくるでしょう。

(広告の後にも続きます)

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

2022年のかに座のテーマは、「ワンランク上の自分探し」です。
現状維持より積極的に挑戦するといいですし、チャレンジしたことの結果は思いのほか早く出そうです。
年初は新しいことに挑むための仲間ができやすく、今までにない人脈ができるかもしれません。
また、いろいろな人との交わりで刺激を受けて影響をもらうなか、「だいぶ遠くまで来た」「あのころの自分とは違う」と感じる瞬間があるはず。
春には確かな手応えをつかむでしょう。一皮むけた新しい自分に出会えるようです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の2022年上半期のテーマは、「人生を変えるためのヒントをもらう」です。
自分の理想をかなえるための手段や、コロナ禍を経て自分が目指すべき目標を誰かが気づかせてくれます。
与えられた選択肢・助言をきっかけに、今より高く広いステージへ進み出ることになるでしょう。
ただ、その予兆はすでにあって、2021年の春から初夏に直面した場面を繰り返すかもしれません。
当時はまだピンと来なかったアドバイスがようやく理解できるとか、「自分にはまだ早い」と感じた提案を実行する状況が整うなど、ブレーキをかけていた運命に自らアクセルを踏むようです。
それまでとは違う景色を追い求めるようになるでしょう。