世の中の「嫁姑(よめしゅうとめ)問題」を耳にするたび、あるいは姑からのいびりを経験するたび、自分は決してこんな姑にはなるまい……と思っていませんか?

しかし、どうなるかは実際その立場に立ってみなければ分からないものです。

そこで今回は、将来「気難しい姑」になりそうな星座をランキング形式でご紹介します!

また、今現在、お姑さんに困っている方も、お姑さんの星座による傾向が分かれば、対策がとれるかもしれません。

1位:おとめ座/乙女座

気難しい姑になりそうなランキングの一位はおとめ座。
なんと言ってもおとめ座には生来、批判精神が備わっています。
それが良いほうに働けば、物事を肯定的な面だけでなく否定的な面からも検証し、多角的な視点からとらえることが出来る素晴らしい性質として発揮されるのですが、悪い形で表に出てしまうと皮肉屋で陰険な人という印象を与えてしまうことに。
いまのうちから他者の欠点が目についたときは、同時に相手の良いところも探すように習慣づけておけば、「うちのお姑さん、嫌な性格でさ……」なんてお嫁さんに陰口をたたかれずに済むかもしれません。

(広告の後にも続きます)

2位:おうし座/牡牛座

おうし座は頑固で、なおかつ美意識がとても高い星座です。
特に、家庭のあり方や食へのこだわりは強いため、息子夫婦の家庭や食卓に口出しをしてしまいがち。
孫の教育方針だの、味付けの濃い薄いにはじまり、食材の選び方にまで、あれこれ言ってしまいそう。
本人はよかれと思ってやってしまうのがやっかいなところです。
息子夫婦だったとしても、よその家庭、うちはうち、よそはよそと割り切る感覚をいまのうちから身に着けておくと、気になることがあっても目をつむることが出来るようになるかもしれません。

3位:さそり座/蠍座

嫉妬深い星座の代名詞のように言われているさそり座ですが、息子もその対象になることがあります。
そうなると、もうお嫁さんはかわいい息子を奪った恋敵のようなもの。何をしても気に入らない、しゃくにさわる、ケチをつけたくなる……なんてことになりかねません。
ただ、その多くはパートナーとの関係が十分に潤っていないことが原因。
なので、舅(しゅうと)となるパートナーとの関係を良好に保ちつづけることが、気難しい嫌な姑にならないための対策となるでしょう。

(広告の後にも続きます)

4位:うお座/魚座

うお座は情に篤くロマンチスト、いつまでも少女のようなところを心のどこかに残している星座ですが、それが裏目に出ると、途端に『かまってちゃん』になる傾向があります。
息子はもとより、自身のパートナーである夫までもがお嫁さんをかわいがっていると、自分を見てほしくてへそを曲げてしまうような性質が備わっているのです。
姑として威厳を保とうとするのではなく、自分に似ているタイプのお嫁さんなら友達に、相手のほうがしっかりしているなら頼るようにと、付き合い方を上手に工夫すれば良好な関係を築けるかもしれません。

5位:しし座/獅子座

しし座は基本的に、あまり子どもにべったりとはならないタイプが多いとされています。
しかし、生来見栄っ張りでプライドが高いのがしし座のやっかいなところです。
見栄を張って自慢話ばかりするようになると煙たがられ、お嫁さんに何かの分野で「負け」を感じるとプライドが刺激され気難しい姑になる可能性が大。
面倒見がいい姉御肌なのが多いのもしし座の特性なので、見栄や意地を張らず堂々として、適度な距離を保つことが大切なのです。