ついに今年も年末が近づいてきましたね。

世間もだんだんとクリスマスムードになり、仕事に恋愛に……と忙しくされている方も多いのではないでしょうか?

今回は、12星座ごとに「12月の総合運」を占いました。

予定が詰まって忙しい時期だからこそ、注意すべき点や取り組んでおきたい点をお伝えします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

前編に引き続き、後編はてんびん座(9/24~10/23)からうお座(2/19~3/20)のご紹介です。

てんびん座(9/24~10/23)

12月は、多くのタスクに追われるでしょう。

しかし、それぞれ冷静な判断・対応ができるはず。

また、自分でも驚くほど感情のコントロールが上手くいくでしょう。

思いがけないトラブルがあっても、それをバネにスキルアップできそうです。

困難を乗り越えて強くなるシーズンだと、どっしり構えるといいかも。

ただ、対人関係のトラブルは避けたほうがよさそうです。

おいしい話があっても安易に信じ込まず、必ず裏を取るようにしましょう。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/22)

ちょっと塞ぎ込みがちな月になりそう。

なかなか素直になれない日が続くかもしれません。

目上の人のアドバイスを素直に聞き入れることで、道がひらけます。

恋愛運に関しては悪くありません。

早い段階で心を開くことによって、相手の心を掴むことができるでしょう。

物理的に窓を開けておくのも、運気を呼び込むポイントになります。

プライベートな人間関係は、開放的な気持ちで楽しむことができそうです。

夕食は外で食べると良いでしょう。

いて座(11/23~12/21)

自信がみなぎる月になるでしょう。

なにを取り組むにしても、プライドを持って取り組めるはずです。

また、直観力も冴え、自分にとって本当に必要でないものは整理できるでしょう。

断捨離をするのも吉。

一方で、人の意見や忠告に耳を傾ける余裕がなくなりそうです。

自分の考えに固執すると、思わぬミスに足元をすくわれる可能性があります。

自信があるからこそ、周囲の同意を得るようにしましょう。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/20)

行動力が増しそうな予感。

アウトドアに吉があります。

開放的な気分になり、出費が増えそうです。

ストレスは買い物以外で解消したほうがいいでしょう。

仕事では、今までにないトラブルや課題にぶつかるかもしれません。

今まで通りのやり方では解決出来ず、落ち込むかも。

そんなときは、視野を広く持つことがポイント!

やみくもに突進するのではなく、俯瞰して物事を見ることを意識しましょう。

みずがめ座(1/21~2/18)

なんだか物足りない気分になりそう。

仕事や人間関係においても、運気は上向きで、大きな目標でも達成できるでしょう。

周囲から見れば十分な結果を得ても、満足できない可能性があります。

もしかすると、ハードルが高すぎるのかもしれません。

あまり自分を追い詰めると、苦しくなるばかりです。

そんなときは、家族や友人からの意見を聞くと吉。

プライベートでは相手を頼ることを意識して!

きっと優しくされるでしょう。