子供に正しく育ってもらいたいと思うあまり、厳しい教育で子供を縛りつけてしまう親がいます。行き過ぎた教育にならないように気をつけたいと思っていても、親自身は異常性に気が付かないこともあります。良い教育ができるよう、血液型で自分の性質を知り、子育ての対策を練ってみるのはいかがでしょうか。

今回は、血液型ごとに教育ママになる時のパターンとその対処法をご紹介します。

【A型】教育ママになる時の行動パターン

A型の教育ママになる時の行動パターンは、人目を気にすることです。

A型の人は、人からの評価を気にする性質を持ちます。子育てでも「誰かに批判されたらどうしよう」と不安になり、教育ママになってしまうことがあります。教育ママになっても強い意志を持っているわけではありませんから、子供を振り回さないよう注意が必要です。

(広告の後にも続きます)

【A型】教育ママになる時の対処法

A型が教育ママになる時の対処法は、子供自身のためを想うことが大切です。

A型の人は、元々人に対する鋭い観察眼を持っています。人からの評価に振り回されないようにするためには、子供をよく見て、的確に性格を把握することが大切です。世間一般で語られている教育論よりも、子供に合ったオーダーメイドの教育をすると良いでしょう。世間の声よりも子供の声をよく聞いて、子供に合った向き合い方ができれば、愛に満ちた子育てができますよ。

【B型】教育ママになる時の行動パターン

B型の教育ママになる時の行動パターンは、結果にこだわることです。

B型の人は、こだわりが強い性格です。おおらかなタイプではありませんから、子育てで焦りを感じるほどに結果にこだわり過ぎてしまいそうです。子供が頑張っているかどうかではなく、どれだけ出来たかにこだわり過ぎることで、教育ママになってしまうでしょう。

(広告の後にも続きます)

【B型】教育ママになる時の対処法

B型が教育ママになる時の対処法は、努力に目を向けてあげることが大切です。

B型の人は、誰よりも努力できる性質を持っています。子供を育てる時には、子供の頑張りを見逃さないように、結果ではなく過程を見守ってあげると良いでしょう。誰よりも努力の大変さを知っているはずのあなたですから、子供の努力を十分に褒めてあげられるはずです。出来た結果を褒めるよりも、先に子供の頑張りを褒めてあげることで、子供も自信を持って能力を高められます。

【O型】教育ママになる時の行動パターン

O型の教育ママになる時の行動パターンは、教育以外が雑になることです。

O型の人は、基本的には大雑把な性格です。一つのことに熱心になると、他のことがなおざりになってしまったり、雑になってしまったりするところがあります。子供の教育にあまりに熱心になりすぎると、子供の教育以外はとにかく適当になってしまうでしょう。