日本には、日本人でも日常使いしない漢字や熟語がいくつか存在します。
「微醺」という言葉も、そのうちのひとつ。

今回は、「微醺」の読み方や意味について調べてみましょう。

(1)「微醺」の読み方

「微醺」という熟語を初めて目にした方も多いのではないでしょうか?
「微」は「微熱」「微量」という言葉に用いられるため、目にする機会も多い漢字ですよね。

ですが「醺」という漢字は一般的に使用する機会が少なく、読み方に戸惑う方も多いはず。
「醺」の読み方さえわかれば、「微醺」という漢字を読み解くことができるでしょう。

正解は「びくん」と読みます。
(『広辞苑』より)

(広告の後にも続きます)

(2)「微醺」の意味

「微醺」の読み方がわかったところで、意味についても調べてみましょう。
状態を指す言葉であり、成人していたら経験している方もいるはずです。

「微醺」とは「少し酒に酔うこと」を意味します。
ほろ酔い状態であることを「微醺」という言葉で言い表すことができるのです。
(『広辞苑』より)

(3)「微醺」の類語

ほろ酔い状態を「微醺」といいますが、似た言葉に「微酔(びすい)」があります。
こちらも「少し酒に酔うこと」を意味し「ほろえい」「ほろよい」とも読む言葉です。

また、同じ意味を持つ言葉に「生酔い(なまえい・なまよい)」という言葉もあります。
いずれも、気持ちよくお酒に酔っている様子がうかがえる言葉といえるでしょう。
(『広辞苑』より)

(広告の後にも続きます)

(4)「微醺」の使用例

日常会話で使用する機会がない「微醺」ですが、小説やエッセイで使用されていることも。
「微醺を帯びる」「微醺が漂う」という言葉と繋げて使用することで、ほろ酔い状態であることを表現できます。

「ほろ酔い」と表現するよりも文学的で、上品な印象がある言葉といえるでしょう。
(『広辞苑』より)

今回は「微醺」という言葉の読み方や意味について紹介しました。
読み方は難解なものの、経験している方も多い言葉といえます。

お酒をたしなむ方は、「微醺」状態を心がければお酒の失敗を防げるはずですよ。

(恋愛jp編集部)